空の中のトン

3
JUGEMテーマ:いぬのきもち


ちょっと前から トンに相方ができた。




どうやらトンは女の子らしい。トンの方が体が大きいから。

他のカップルと諍いになっても 彼がトンを庇う姿に何だかホッとした。

人並み(鳥並み?)に暮らせているんだな。

数匹のトンビにかわるがわる攻撃を受けている場面を何度か目撃していただけに

尾羽の様子が他の子と違う事で 

何かしらのリスクを負うんじゃないかと心配していたけど 

私の取り越し苦労だったみたい。

ザンバラ尾羽はトンビにとっては 何の障害でもなかったんだね。

人間が一人で勝手に心配して 笑っちゃうね。


トンの第一印象は

「あの子 やけに見窄らしいなぁ・・・」だった。

羽毛がバサバサだった。

老鳥?  喧嘩? 怪我? 生まれつき? いろいろ頭に浮かんだ。

通りすがりの私が気付いたくらいだ。 

あの日 トンはションボリとした姿だった。

小雨が降っていたせいもあったかもしれない。


トンビは怖いと思っていた。

子どもの頃 ちょっと怖い思いをした事があった。

どこかの家で飼われていた人慣れしたトンビに

お使いのお魚を ひったくられたのだ。

だけど トンに出会って

トンビの強面イメージが180度変わった。


彼女は人一倍警戒心が強い。その上とんでもなく不器用だ。

海上では かもめに競り負け追い払われ

陸地では 地面を走るカラスにさえ先を越される。

それに弱虫だ。

トンビ同士の諍いで ピピピッと悲鳴をあげているのは

大方トンだ。

何をしでかしたのか?時には数匹に囲まれてつつかれている事もある。

電柱の上で一休みしていても こちらがちょっと目線を送っただけで

オドオドと焦りまくり すぐに飛び立ってしまう。

そんな猛禽類イメージとは全く違う彼女の姿を毎日垣間見ていたら

気にならない と言う方が無理ですから(笑)


それで「不揃い尾羽の謎」を調べてみる羽目に。

結局どこにも答えは無かったけれど

代わりに トンビが小型犬をさらう とかいう

物騒なキーワードが出てきたりもして(苦笑)ギョッ!

どうなの? マユツバじゃないの?

私自身は生まれてこのかた トンビがワンコを掴んで

軽々と空を飛んでいる現場は 一度も見た事がないんだけど。

仮に見た事がある人がいたとしよう。

だけど果たしてその鳥は 本当にトンビだったのかな?


答えはありました。

実はトンビは屍肉を食べる鳥。

鷹や鷲のように生きている獲物を狩る事は まず無い。 

また 人間の食べ物も口に入れる雑食であり 

だから生きている小型犬をさらうなんて話はナンセンス と書いてあった。

ってか カラスに一回り大きいだけの体格で 

自分より重い物を掴んで飛ぶ力なんて トンビには無いそうだ。 

なるほど あながち海岸近くにトンビが多く生息してるワケはそこかもしれない。

干潮の時間帯に特にアクティブに干潟の上を飛んでいる姿をよく見かける。

「狩り」ではなく干潮の浜に落ちている食べ物を「拾って」いるだけだ。 


たまたま愛犬の周辺に落ちていた物をトンビが拾おうとして降下してきた瞬間を

愛犬が狙われたと勘違いした飼い主がいたとしても仕方ないかもしれない。

屋上ドックランでトンビが狙ってるのはワンコではなく

無防備に出しっぱなしにされているオヤツの袋だとしても。

人の集う所 後片付けに疎い人は必ずいる。

そう言う私も いろんな事を イメージや先入観・伝聞だけで

知ったような気になっている事がある。

ただ 例え真実でも 

「A」という事実が 相手にも「A」として伝わればいいけれど

相手が元々持っている価値観や先入観によっては 

「A」が「B」だったり「C」だったりと 受け取られ方の違いは絶対あるから

自分の伝えた事が勘違いされて受け取られるとしたら ちょっと怖い。 

だから人に頼らず自分で確かめたいね。

だけど なかなか難しいよね。


今に至っては 私はすっかり 

トンの大ファンになってしまった。

まるで柱の陰から「ガンバレ!」と我が子を応援する母のような心理だ。

地道に働きかければ 僅かだが距離も縮まる不思議もあるかもしれない。

彼女に認知されたくて 毎日見上げては「トン」と意味不明の言葉をそっと投げかける。

そんな 白黒の犬を連れたオバチャンを 

彼女はどう判断しているのだろう。


きっと無害だとは認めてくれたはずなのだ。

あんなに慌てて逃げ出していたのに

見つめても声をかけても 今は逃げ出す素振りはない。

私をじっと見下ろして ピーヒョロロと鳴く。

「トン!」と呼ぶと クイっと振り向く(ような気もしてきた笑

確かにさっきまでいなかったはずなのに 私達がブラブラ散歩し始めると

いつの間にか出てきて 電柱にちょこんと座っている。

毎回あまりにタイミングが良すぎて

「会いに来てくれてるのでは?」と 都合良く解釈したくなる。(笑) 


だけど 風のある日のトンは

印であるザンバラの尾羽の隙間から空の景色を覗かせて

猛スピードでスライドするように海を右に左に横切り 

地上に目を光らせ

そのうち上昇気流に乗って 高く高く遠く舞い上がっていく。



「トーン!」と叫んでみる私には脇目もふらず 翼をガッと広げて飛ぶ姿には

地上での見窄らしさとかオドオドした態度とか 

そういう風貌はカケラも無くて

雄々しくて どこまでも威厳に満ちて とてもとてもかっこいい。


当たり前だけど 

やっぱり空は トンにふさわしいと フッと思う。

同時に まるの事をフッと想う。

昔 ふさわしい場所を必要としたあの子にどこか似ている と。

見えなくなるまで ずっと眺める。

胸がスーーーッとするよ。トン。





      ここ1週間 トンと会えない日が度々でてきた。

      彼女は繁殖期に入ったのだ。

      弱虫トンも母になる。

      母は強し。ガンバレ!トン!

 

 




 

 

雪の日

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち


あんなに積もったのは何年ぶり?

寒くて部屋の温度も上がりゃしない。

そんな時に限って2台あるエアコンの1台は壊れたらしく(実は室外機が凍っていただけだったDocomo_kao8

1台っきりをフル稼働しても古屋の室内温度は8℃が限度だった。


お風呂に入ろうと試みるもお湯はスカスカと出る気配もなく

2日後 雪溶けと共に ザーザーと流れる水の音に

給湯器付近の水道管破裂だと初めて気付く!!!0口0



しかし 我が家はラッキーな方だった。 

我が県では未だに 断水状態の家が3万世帯らしいから。


喜んだのは パピ子だけであった。

あの日朝からすでに落ち着きがなく「出かける」とうるさかった。



「じゃあ ちょっとそこまで・・・」と足場を気にする飼い主を尻目に 

ずんずん登って行く 逞しい14歳10ヶ月の小型婆さん。



登っては坂の上からピューっと駆け下りる!!Docomo_kao1

彼女は「雪」に良い思い出とイメージがあり

無条件にじっとしていられないのだ。

心躍るのだろう。ウキウキするのだろう。



だが さすがに普段は裸族のパピ子でも

飼い主の杞憂で服を重ね着させられ 僅かばかり不服気味か?


この日 3度の雪遊びにたっぷり付き合わされた冷え性の飼い主。

帰宅してからも パピ子が何度となく部屋と庭を行ったり来たりするものだから

部屋の温度は一向に上がらず・・・。


思い余って 頼む!昼寝してくれ! と泣きついた。(笑)



 
 

年明け/海/トルコライス

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち


皆様 あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します。



昨年クリスマス前の記事で止まったままでおりましたが 

私共ぱぴまる隊は とっても元気です!

実は最近非常に多いのが 記事作成中何気にクリックした途端

   記事の吹っ飛び〜 ガーンガーン 

調子良くφ(≧∇≦)カキカキカキコしていると 

つい こまめな記事保存を怠ってしまう私です。

昨年下旬も 書き終えて

「さあ!投稿!クリック!ゆう★ポチっとな!ハート」した途端

  きれいさっぱりまるごと全て消失・・・(泣)

ああ〜Docomo_kao20 ショックショック!Docomo_kao20Docomo_kao20

さすがにやる気は失せますぅぅぅ・・・。悲↓

そしてそのまま ついに年末でした。


が 今年のお正月は穏やかで暖かく

年明け前後に至っては 私もパピ子もご機嫌はすこぶる良しこに。♪

パピ子などは元気が有り余ってしまい

イカの臭いに誘発された鏡餅の雪崩を久方ぶりに引き起こしまして(爆)

私は私で風邪気味だったのに 

正月三が日から実家で呑気に海でシーグラス拾ってたら 

暑くて汗かいた汗

だってほら ここのシーグラスは波によく洗われていて

小さく丸っこく グミみたいに可愛らしいのです。

ほらぁ なんて美味しそうなのぉ〜〜じゅる 



砂糖菓子みたいで つい意味もなく拾いたくなるのよ〜。ハート

か かなり拾ってしまった・・・。Docomo_kao8



その間のパピ子は・・・といえば もちろん海散策!



・・・してましたが さすがに最後は飽きてたかも。



ああ・・まるもいたら良いのになぁ。



やっぱりそう思ってしまいます。  

せめて海を見下ろすように咲いているこの辺りの水仙をと お墓にお供えしてきました。

除夜に毎年恒例で寺へ鐘撞き&お参りに出掛けるのだけど

今年の和尚さんのお話は「良寛様」で 

  形見とて何か残さむ 春は花 夏ホトトギス 秋はもみぢば

リンクして うるっぐすんぐすん・・・ときました。


・・・と ここまでは毎年変わり映えしない実家でのお正月。

しか〜し!!

今年は石川県在住の妹が単独里帰りしていたのだ!!わーい


   (我が家へのおみやげは加賀八幡起上もなか

トルコライスが食べたいと言うので 近所の「向日葵亭」というお店に行ったら 

   え?順番待ちとな?!  はぁぁ??? 

ここらは観光名所からもかなり離れており 普通に市内中心部からも遠い。

いつも空いてるイメージしかなかったので

訝しみながらテーブルに着いて 納得。

県民ショーやらありえへん〜など 複数のTV番組で取り上げられました!と

メニューに書いてある。

周りを見渡すと どのテーブルにも怖いくらいトルコライスが乗っかってて・・・(苦笑)

ついぞ先日まで空席の多い静かな店だったのに・・・Docomo_kao8

何と言うか・・・私にとっては そっちの方がありえへん!ばい笑


トルコライスとは ピラフ・カツ・スパゲッティの3種が一皿に盛り合わせてある

何やらお得感漂わせる長崎のご当地グルメなのですが

どうやらここ向日葵亭は変わり種トルコライスで有名に・・・?

私が注文したのは パスタの代わりにラザニアが

妹が注文したのは ピラフの代わりにオムライスが



それぞれ盛り合わせてありました。

かかっているソースも 左はカレーで 右はドミグラスソース。

ボリューミーでした。 ガッツリと。 ええ ガッツリとね。


その後市内中心に移動して 妹のおみやげ買いに付き合った後

彼女をそのまま中学校の同窓会へと送り出し onpu03私はonpu03一人ショッピングぅ〜手エドはるみ?

途中買ったカース・ケイクを一つ もう一人の妹に届け 

あとはまた一人で夜の出島うろつき堪能致しました。

情緒豊かな夜の長崎出島界隈。







自分用のカース・ケイクも美味しかったです!



実家にて完食してしまったので

妹を空港まで送った折りに 自宅用にもう一つ買いました。

ヒデさんにも食べさせたいもんね!ニコッ





    ヒ ヒデさんにも・・・・Docomo_kao8泣き

    今日こそはっ汗  ヒデさんにも・・・アセアセ

       食べて貰わねば・・・汗汗

(・・・と思いつつもつまみ食いで毎日少しずつ減っていくケーキ・・・)

 

一からクリスマスリースを作る

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち


高さ13僂曚匹痢,い弔發両召椶辰りのツリー。



我が家のクリスマス飾りは いつもこれだけ。

毎年変わり映えしないクリスマス飾りだったけど 

今年 ふと リース作りに挑戦しようと思い立った。

こちらに引っ越してきてすぐ がたくさん自生している場所を見つけたし



いつか あのを使って

何か作れないかとぼんやり考えてはいたのだけれど 中々やる気は起きず・・・。


しかし さぁ!思い立ったら吉日!

小春日和のような良いお天気も後押しして

気が変わらぬうちに・・・と先週 蔓採集に出かけた。

勿論 パピ子も一緒です。



現地に着いたら 一人はせっせと材料集め 一匹は散策臭い嗅ぎ

ぱぴまる隊は昔からいつも

それぞれが個々の興味に余念がない。

時々の点呼は怠りませんが それ以外は基本自由行動。

大丈夫。 迷子になるなら私の方なのだ。(笑)

我が家の犬達は頼もしいといつも思う。 

ただ最近は 山歩きリーダーのまるが欠けてしまったので 

本道から逸れた道なき道に深入りする事は止めた。

さすがに彼女の不在は 嫌でも怖さを煽る。

困った時に守ってくれ かつ正確に行く先に導いてくれる信頼の相棒は 

もういない。




途中の道端の小さい神社。今年は時期遅れの紅葉だったみたい。

紅葉にカメラを向けてたら パピ子がそれに気付いて立ち止まり

いつものポーズをとって佇んでいた。

いや モデル頼んでないんだけど(爆)

   条件反射って コワイわ(爆)

しかも偶然とはいえ  位置的に丁度良かったりする。笑




そして 持ち帰った蔓で作った土台。いっちょ上がり〜!♪

大雑把な巻きは 性格である。笑



さて お次は飾りになる物。 散策ついでに集めた材料。



だけど赤い色が欲しくて 

100均にひいらぎの造花を・・・と求めたものの売り切れの空振り。泣

しょうがないので 迷った末 

藤紫の実の造花と赤いモフモフとちっこい雪だるまを買う。

だが この赤いモフモフは思わぬ当たりであった!



七色に光る毛が 良い具合にキラキラしてくれる。きらきら

あとは 松ぼっくりやどんぐりの帽子を銀スプレーしたり

さざんかの実の割れた外皮にビーズを乗せたりして細工。




そして ああだこうだと土台のリースに付けたりはずしたりと並べ立て・・・

あれこれ迷うこの瞬間が楽しいよね〜。


そして出来ました!



直径30僂離リスマスリース 

銀スプレーとパールは前回ウエディングボードを作った時の手持ち品だから

今回掛かった実質材料費は 税抜き¥300 也手


来年もここに住んでたら また作ろうかなぁ〜ヤッタv

トンちゃん

3
JUGEMテーマ:いぬのきもち




あっ! トンちゃん。



パピ子ってば・・・トンちゃんは鳥だからっDocomo_kao8汗


また 別の日のトンちゃん。






おお〜 ダイナミック! トンちゃん。




トンちゃんは見ての通り どこにでもいるトンビです。

いつも お散歩先の岸壁にいます。


トンちゃんは 他のトンビと違います。

尾羽の形が 他とは違うのです。

尾羽がバラバラ。不揃いです。

理由はわかりません。

そのせいかどうかわかりませんが

近くでトンビが集団で空高く舞っている時も 加わる事はありません。

もしかしたら 遠く遠く空高くは舞えないのかもしれません。




八の字のような不揃いな尾羽。

だけどそれが トンちゃんの特徴です。

だから すぐに見分けられます。

見分けられると 情がわいてきます。

こちらは毎日親しみを込めて見上げていますが

肝心のトンちゃんには

「狙われてる!!」と思われてるかも。(爆)

それだけが残念ではあるけれど

今一番 気になる存在です。


明日も会おう トンちゃん!


 

パピ子 呆れた勘違い

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち


   

   もともと車好きな子です。 

   14歳の婆になろうとも 乗車中は得意の二足立ち。 

   フロントガラスに流れゆく景色を それはそれは楽しそうに見つめる姿に 

   何ら変わりはありません。

   
        (これは昔の写真ですけどね。) 

   黙っていると 飽きる事なく延々と二足立ちするので

   「疲れるから 座りな!」と 度々横やりを入れてやると 

   渋々・・・もう本当に渋々と(笑)下りてくれます。

   で 言う通りにそのまま座ってくれるのか?というと

   まず そんなワケもなく(笑)

   バックミラーで確認してみるも 姿は無し・・・。


        ん? 何処行った?  

      
     ハイ。ここです。ここにおります。

  

   バックミラーの死角 運転席ドア側の隙間から

   じーーーっと前方をしつこくガン見している

     背後霊のようなパピ子。Docomo_kao20

   意地でも覗き見したいヤツなんです。汗

   彼女は 本当に好奇心の塊なのですよ。


   
   世の中 車の運転中に人が変わってしまう人 よくいると思いますが

   乗車中犬が変わってしまう犬 どっかいませんか?

   パピ子は まさにその乗車中犬が変わってしまう犬。   

   普段 彼女が他ワンコに対してとる態度は

   知らんぷり・完全無視が50% 
   相手の勢いに押されて固まる40%
   珍しくコンタクトをとる10%・・・の

   わりかし肝っ玉の小さき女。

   そんな彼女が 乗車時だけは 

   遠く前方方向にワンコを見つけるや否や

   ワンワン!ウギャウギャ!と挑発吠え。強さアピール笑


   車窓にへばりついて 懸命に自己主張致するので

   「ハイハイ どうぞ」と 親切に半窓開けてやると

      急に・・・だんまり・・・ 

   シッポだけが・・・ユラ〜 ユラ〜・・・(←バツの悪い愛想笑いのようなものかしら)   


        つまり 


   窓が閉まっているから 強気にでられます。  
                    by パピ子


     


   ただ時々 外にワンコもいないのに 車中で吠える事があって。ムスっ

   「なんだハテナ何に反応してんだハテナ

   外を行くのは レジ袋を抱えた買い物帰りの人・・・

          キャリーバックを手に歩いている旅行者・・・

      はてハテナ


   けど 電球すぐに判明ました!

   どうやらパピ子は

   旅行者がキャリーバックをコロコロ引いて歩くシルエットが 

   リード引きのワンコとその飼い主 に見えるらしく。(爆) 

   なんとまぁ 想像力が豊かと言うべきか おバカと言うべきか。笑


   でもね。確かに遠目に見ると 納得のシルエットですから(爆爆)

   パピ子に言われて初めて それに気付いた私も車中で爆笑でした。

   確かにね〜手

   引かれていくバックの大きさ・色の違いは

   まさにいろんな犬種を想像させますよ〜。ヤッタv♪

   

   我が家のキャリーバックは・・・そうだなぁ・・・

   茶色で 中型犬サイズだから・・・・

      柴犬   かな? 

      濃い茶の 雑種かな?  


   

   
       

   
   















  

ああ・・・10月

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち





先月は何やかんやと忙しかった。

シルバーウィーク直前の父の入院に始まって

自宅と実家と病院の度重なる往復は勿論 

ご迷惑をおかけした見知らぬ方々へのお詫び訪問から

退院後の快気祝いの配布までをしっかり終わらせ 

一息ついたと思ったら

パピ子 待ってましたとばかりのタイミングでバベ再発

併せて主人に頼まれ 学園祭の豚汁作り。

心配したり 腹を立てたり がっかりしたり 楽しんだりと

なんと目まぐるしい日々だった事か・・・。

10月はまるの命日月でもあったというのに お供え物もそこそこに

実家に帰る度 彼女のお墓へ行っては一言。

    「まる 頼むよ〜」合掌

(〃'∇'〃)ゝエヘヘ  溺れる者は藁をもつかむ!

さぞかし まるもあの世で苦笑いしてたに違いない。

こんな時にも しつこく神頼みしに来る飼い主に。(笑)


ごめんよ まる。 あの世に昇ってまで心配かけるね。

でも あんたなら 陰でこっそり 

何かやってくれそうなんだもん。(笑)



  
    何とかなったよ。 ありがとうね。



パピ子も 本当は父の入院日前後に持病再発予定だったのに

なぜだか今回は大幅に1ヶ月ズレての 父が退院したその週末に再発。

今回こそ克服したと思ったのに 残念。

ただ 父の入院と重ならなかった事は幸いでした!

きっとパピ子も 頑張ってくれたのかな?



    復活も早かったよね!



    どことなく嬉しそう。

    何か良い事あったかな?笑う





 

つぶやきアトランダム

3
JUGEMテーマ:いぬのきもち



日曜日のこと。

ポッカリと目の前に現れた 黄色く大きな大きなお月様。

夕暮れ刻の 昇り初めの月は一際大きく

そのあまりの大きさに 運転する車の中でドッキリさせられた。

車の進行方向に浮かぶ月にチラチラ目を奪われつつ 頭の中を整理する。

最初はドッキリした月も 目に馴染むと

いつもの穏やかで優しい月に見えた。

そうだよ。 月は満ちている。

だから きっと良い方向に向かうさ。

後ろ髪を引かれながら 家路についた。


昨日知った事だけど あの月はス−パームーン前夜だったらしい。

どおりで 月が大きかったはずだね。納得。

あれがもし普段の月なら 多分見過ごした。

一際大きなお月様。 何卒 吉事の前触れとなって下さいませませ。


そして スーパームーンの効果かどうか?(笑)

さっそく昨日 1つ目の吉報が。

1ヶ月ほど前から行方不明だった犬友の

白チワワのココちゃんが なんと無事に戻って来た!!

行方不明になった公園で 公園の管理事務所に先日保護されたんだって。

行方不明の間どこでどうしていたんだか・・・

ちょっと体つきが ポッチャリになっていたらしいから

どこぞの家で暮らしていたんだろうけど

なぜ今になって?の疑問・・・。

しかも保護された時の状況からして 確実に「置き去り」なんです。


実は 行方不明になった経緯も謎でした。

元飼い主さんが 自分の不手際を肯定しつつも

「盗られたと思うんです。怪しい親子がいたんです。」と言うので

当初は「盗られたなんて・・・そんな決めつけもどうかと・・・」

と信じたくない面もあったのですが。

だけど 盗ったのか?拾ったのか?のいきさつは置いといても

結局は 一度自分の家に連れ帰った犬を 要は「捨てた」って事です。

そんな無責任ってありますか!怒る怒る 

ああ ならやっぱり「盗った」んだな って思いました。

可愛いから欲しくなって連れ帰ったものの

今度は都合悪くなって 結局捨てちゃったんだろうなって。  



ですが ココちゃん 

戻る事ができたなんて きっと飼い主さんと縁があったんですね。

本当に良かった。

 

夏用グッズ その後

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち


   実は 前記事には続きがあって

   ハイ! これこれ。 コレです〜。



  実はあの後 買ったのです。 クール服。


     それというのも 



  ヒデさんのスポーツ用Tシャツ干してたら フイに

   あれ? おや? んー?   と思ったわけ。

   吸湿速乾 放湿性 ポリエステル100%・・・

 コレ 犬用クールベストと類似素材じゃないの?   と。



   それで 洗濯後の良い湿り具合に

    ・・・そうだ!電球       

        着てみよう音符

          みたいな(笑)

   勿論 パピ子の条件に近づくように

   私も 毛皮 服の上から着てみたよ。


        結果?

   扇風機の風の前では 涼しかった〜!グッド

ははは。 でも 他は微妙・・・さっぱりわからんやったさ。Docomo_kao8

けど軽〜いノリだったハズが 本当に何かを知りたくなっちゃって

 で その流れで結局購入に踏み切っちゃったのでした。(笑)

 清水の舞台2階の屋根あたりから飛び降りたつもりで。

   大丈夫。乾いたまま使えば冬服にもなるからっ

    ・・・・って自己納得させて(爆)


   購入先は 某スポーツウェアのショップ。

   何だか機能性に自信ありそうだったし。 


   あら?そこの人。 もしかして笑ってる?

   え?柄?  柄がおもしろいって?

     カエルさんがいっぱい。カエルカエル

       これね・・・

他のシンプル柄は売り切れてて 残ってたのはこの柄だけ。

  ってか いいのよ 涼しければ何でも〜。(強がり?)

  とっても個性的な柄でしょ?(と楽観的に考えて)

遠目だとレインボーな華やかさなんだから〜(と自分を奮い立たせよう)

 ・・・実は 実物を前に 私もやや引いた・・・(爆)


        それでね。

パピ子に着用させる前に 簡単だけどこんな事やってみた。 



    服の外と中の温度差の実験。

    8月下旬。風のそよぐ日でした。

   温度計は 数字が大きいほど温度が高い。
  同数字では 緑<黄緑<オレンジの順に高い。


    まず 乾いたままの状態で。

 屋内の無風状態では 服内も服外も同温度でした。

 戸外の炎天下では どちらも振り切れて計測不能。Docomo_kao20

      なので半陰で。
     
        すると 

  なんと 外温度より内温度が若干高かった!(+2℃)

ただし 風を積極的に服内に通すと逆転。内温度が下がりました。(同温度〜-1℃差)


   次に 服を濡らして適度に絞った状態で。

今度は 外温度より内温度が若干低い。(温度差は-2℃)

風を積極的に服内に通すと 更に内温度は下がりました。(温度差は-3〜-4℃)


       このことから

1.比較的涼しい日の 2.扇風機の弱程度以上の風の吹く

3.日陰で 4.しっかり機能性のピッタリサイズでない余裕のある服を

5.濡らした状態   なら

    効果は有りそうかなぁ って。

 
        問題は 

服内部の-2℃程度の温度差が 毛皮の下にどう影響与えるか?が 

   本当に知りたい部分ではあるのですが

  そこまで本格的な追求するのは ちょっと無理。・・・ 


        ですが

いつでもどこでもどんな時でも クール服は機能する

    は 誤解であると同時に

 また「いつでもどこでもどんな時でも」

欲張って考えてしまうから疑念を持ってしまうのであって 

濡らしたり 気候条件を上手く利用しながら 着る場所を選び 

 着せたり脱がせたりして上手く使い分けていく事は 

 有りなのかもしれないと 感じる事はできました。   

   ただ 乾いた状態の服のままで

日傘代わりの遮光・遮熱効果などあれば と期待してましたが

  これに関しては皆無 有って無いようなもの。

   百歩譲って若干の効果有りとしても

  風を積極的に通すなどの方法を取らなければ

逆に熱が籠もってしまい 服内の温度が上がってしまう事もある と

    私自身は判断した次第です。

(道路などの反射熱に関しては 試していません。) 

でもね。  遮光・遮熱って 自前の毛皮があれば

十分なんじゃないか・・・とも思わないわけでもないです。

まぁその前に 真夏の炎天下のアスファルトをウロつく事って 

     まず無いと思うけど。笑





     今回 一番実感した事は 

  要は 「クール服がどうのこうの」ではなくて

良くも悪くも「飼い主の使い方次第」なんだという事でした。


  だけど せっかく購入したクール服も

今年はクール服としての出番は もう無いみたいですね。





  ※あくまで個人の見解です。
   簡易な思いつきの実験であり 専用機器を使った正確なデータではありませんので
   ご了承の程を。

   








 

夏の暑さ対策〜夏用グッズも気にかかるけど〜

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち



皆さん如何お過ごしでしょうか。

最近 涼しいですね〜。

お盆前までは クーラーつけっぱなしだったのがウソみたいです!



  あ ご心配なく。ちゃんと生きてますよ〜。笑


パピ子 7月中旬からしばし体調不良でした。

持病他 一瞬気を失って倒れたり・・・という事もあって

病院で診断の結果 不整脈による酸欠か?いう事で

心臓のお薬が増えてしまいました。ゆう★

そのことで先日 知人がタンポポ茶をお試しに送ってくれたので 

今お試し中です。利尿作用があるそうです。

「お互い利尿剤だけはなるべく遠ざけたいね」と

一心に願う飼い主らであります。

お薬飲まないでいられるなら それがやっぱり一番いいものね。

とても情報通な知人なので 私も心強く勉強になってます。


そんなわけで 我が家は先週あたりまで 

パピ子復活キャンペーン期間中でございました。

多分に飼い主のサボリもありますが(←こっちが主な理由か?) 

長い事ブログ放置しちゃったよ。


さて 今更なんですけどね。

涼しい時に暑い時の話しもなんなんですけどね

コレ・・・書きかけてたんで・・・

そのままアップしちゃいます。 我が家の夏対策。


まずは 身近な冷房から。

我が家では 夏のお留守番時には

必ず2ヶ所のクーラーをつけて出かけるようにしています。

1台が突然止まってもいいようにです。

断熱材も入ってない古屋なので クーラー止まったら大変なのね。

ただし 確率は低いけど もしかしたら2台止まる事もあるわけで・・・

「そん時きゃ〜 自分で考えて動かんばよ!」と

口がすっぱくなるくらい言い聞かせてます笑(←はっきり言って無駄骨

日頃から 家中のドアというドアが

あっぱっぱーに開きっぱなしの我が家です。(爆)

冷暖房使用の季節も 愛犬が通れる隙間の分だけは

常に家中のドアを開けてあります。

体温調節にしろ居心地にしろ 細かい部分の微調整は

基本 本人達任せ。それが我が家の方針です。



散歩は。 ここ島原に於いては



早朝は5時過ぎ 薄暗いうちに徒歩で家を出発。 

途中 朝焼けをゆっくり眺めてから帰宅。


昼過ぎに車で近場の公園や山間の湧き水場に行って

息抜き程度に木陰をブラブラしたり 川のほとりで涼んだり。


そういえば まるは暑さに強かった! 

初夏でも出ている舌の長さはこんなもんでしたが



比べてパピ子は 昔も今も ベロリンチョ〜(笑)
       

            ↑    
     (この写真は大村時代のものです)

そして夕方。8時前後に車で港まで行ってお散歩。  



海風が気持ちいい。

まるは夜の散歩が殊の外大好きでしたが パピ子も夜の散歩は大好きです。



ついでに飼い主も こんな夜の散歩が好き。(え?聞いてない?) 



さて ここ数年 夏が来て私が悩む夏グッズ。 

買おうか どうしようか。

   クールベスト。

でも 悩むばかりで未だ買えてないです。

だって お店によって素材の評価が真逆だったりしませんか?ムスっ

獣医師さん他プロといわれる方々の意見を検索してみても

なんとまぁ これまた人によって意見は割れているし

本当のトコロ 未だ効果は曖昧なの?

自己理解している気化熱のしくみとも イマイチ折り合いをつけられなくて

結果が反映されるのはパピ子なだけに ここは慎重になっております。

だけど 疑ってばかりだと 

悩んでいる間に相当損をしてるって事でもあるので・・・

疑うも疑わずも一長一短 何事もホントに加減が難しいわぁ

 ・・・とひとりごちている飼い主であります。ふふっ。 


う〜ん 私は今のところ「効果ない」寄りなのです。

ただし「どっちかっていえば」程度のものなので
 
納得できるだけの確かな資料と根拠があれば 

コロリと態度一変したいと思います。(爆)  

  お願い!誰か私を納得させて!マジで! 

  
そんな優柔不断な飼い主は 

結局今年も保冷剤にお世話になってます。

保冷剤入れね。無駄にいろいろありますよ。笑

  ヒデさんのハンカチを結んだだけの簡易な物。
      針・糸・不要で超簡単。
          ↓



   まるの歩行補助着をカスタマイズした物。
     涼しさアップの保冷剤2個入り。
           ↓


耳下リンパ部分に保冷剤が当たるように作った(つもり)笑

        ところが

  親の心子知らず とはこの事ですよ



 と あからさまに しょんぼりするやら元気が無いやら

     クレームのオーラを見せつける・・・(苦笑)

え?! ならば せめて背中側に回してみて下さいよ〜 

  せっかく作ったんだからぁ〜泣 と 飼い主も負けじと

       クルリと180度!



    浮かない顔のパピ子に 

蟻ほどの飼い主の威厳を見せつけ 無理矢理に着けたままでいて貰います。 

しかし内心は (すまん パピ子。汗飼い主ご都合主義汗)という 

無理くりの後ろめたさもあるから

頃合いを見ては 時々はずしてみたりもして。笑

だけど 背中側はあまり気にならないようでした。



着けたままシッポフリフリ サクサクと歩いてるし。



背中なら良いのね?! ヒットなのね?!ばんざい

\(^。^ )))))〜♪オホホホホホホ-  何とか使い物になってます。

気を良くした飼い主は更に

もう少しあそこをこうしてあっちをああして・・・と 歩きながら補正の策をば。

ははっちゅん しかーし! やり過ぎると逆に嫌われるんですよね〜汗 

それでボツになった物が一つ・・・。

これでどうだ!!と 一番手を掛けた渾身の100均ポケットタオル物。
            ↓


胸側と背中に保冷剤1個ずつ入るし 良いんじゃない?!

しかもハーネスタイプで ピッタリフィット!ズレにくい! 

アア〜ンハートもう 使い勝手良いんじゃない?!ゆう★

        と 

   飼い主独り盛り上がって

   結果はズバリ 不評でした。 

     (泣)沈







 











 


 





 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

「3婆」紹介

━★まる★━                             H8・6月生まれ(享年16歳)     柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい     我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                         ━★パピ子★━                         H13・3月生まれ(15歳)   パピヨン。           ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                         肩書きは ぱぴまる隊隊長。     その実体は雑用係?                

ぱぴまる隊デジブック

あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode