自分にできること・急いては事をし損じる

5
JUGEMテーマ:いぬのきもち


熊本港ー島原港を行き来するフェリーが22日に運行開始となり

日帰りでボランティア活動できるのでは?

力仕事は無理だけど家屋の掃除や後片付けくらいなら・・・

やっとそう思えるようになり

毎日熊本県の災害ボランティアセンターのホームページを覗いています。

今のところボランティア参加人数は 毎日ニーズを超える人が集まり

現在災害ボランティアセンターを開設した熊本県内の各市町村で
(未だ開設に至っていない市区町村もあります)

熊本市と益城町は全国からのボランティアを募集

阿蘇市は九州在住のボランティアを募集(連休中は県内在住者のみ)

その他市町村に於いては
   熊本県内若しくは市内町内在住の方に限るボランティアの募集となっています。

逐一チェックしないと 昨日と今日で募集要項が変更になっていたりもします。


現地が必要とする人数は(被災地の諸事情により)限定されますので

行った人全員が登録して作業に従事できるわけではなく

中には受付待機や登録しても作業に従事できないまま

帰宅となる方もおられるとか。

しかし皆さん地震直後から積極的に熊本入りし 本当に頭の下がる行動力です。

余震や雨続きで家屋危険度判定など様々な作業も滞り気味とのこと

ゴールデンウィーク開始からのお天気が期待されます。

きっと更に多くの方たちが 被災地目指すのでしょうか。

そんな姿に触発されて 私も

取り敢えず行けば できる事はある・・・ 熊本はすぐそこ。

そんな急いた気持ちを持つようになりました。

ただし日帰りとなると 行ける所は限られてしまうのですが。


けれどもつい最近まで被災地へ渡る勇気も余裕もなかったのが本音です。

表向きは普通に生活しているようでも

心理的には緊迫感を持った毎日でした。

度重なる余震は多かれ少なかれこちらにも伝わっており

近所でも軽い地震酔いを訴える人は多く  

実際私自身も 揺れてもいないのにずっと揺れているような感覚であったし

雨が降れば土石流の心配も出てくるし 

警報にいちいちビクついては

パピ子と離れちゃいかん!とソワソワし

そこのコンビニ行くにも必ず連れて出かけ

一刻もお留守番させる事もできずにおりました。


そして 今日で今回の地震に関する島原市内の避難所は閉鎖となりました。

1週間ほど前からは軽い余震が1日に1度感じられる程度です。


ならばと 現地で動く為の身支度とか準備品とか地図とかそんな事を調べていたら

逆に自分がボランティア活動について何も知らない事に気付きました。

恥ずかしい事に 災害地へのボランティア参加には まず事前に

「天災型の保険」に加入しておくべき事さえ知らなかったんです。

現地でも急遽加入する事はできるのでしょうが

その分要らぬ手間を先方にかけさせてしまいます。

また 携行品は勿論 服装から履いていく靴 マナーや心構えまで注意点がいっぱい。

行けば取り敢えずできる事がある・・・なんて

素人が準備不足の行き当たりばったりで被災地に乗り込んで 

一体どれだけの仕事をこなせたのか?と思うと 

此の期に及んでも実は対岸の火事だったろう自分の感覚や無知さ加減に

呆れるばかりです。


取り敢えずは地元社協のボランティアセンターでの保険手続きは終えました。

あとは熊本県の災害ボランティアセンターのホームページを確認しつつ

自分のできることを探っていきたいと思います。

長期化する事も視野に入れて

急かずとも「待つ」ことも1つの選択かな とも思い直しもました。

そして待ってる間に出来る事・・・ 

被災者への義援金も勿論ですが

ボランティア活動の資金として直に使って貰える支援金という方法もありました。

これからは後片付けの為の物資も必要になります。

土嚢袋や一輪車やスコップ・・・その他

現地でないとわからない必要な物もきっとある事と思います。

屋内用のスリッパとか軍手や革手袋類・奮迅マスク・・・など

私みたいに自分でできる準備もせずに現地に入ってしまう人もいるかもしれませんし。


実は 義援金と支援金の違いにはっきり気付いたのも

今回の地震ででした。 本当に恥ずかしいばかりです。
 

 
 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

「3婆」紹介

━★まる★━                             H8・6月生まれ(享年16歳)     柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい     我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                         ━★パピ子★━                         H13・3月生まれ(15歳)   パピヨン。           ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                         肩書きは ぱぴまる隊隊長。     その実体は雑用係?                

ぱぴまる隊デジブック

あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode