パピ子のお薬

6
JUGEMテーマ:いぬのきもち





今回は 今日でお薬もおしまい。

一日2回 朝と晩 5日間お薬を飲む。

人用のマラリアの薬だ。

パピ子の様子から察するに とても苦いらしい!

稀に飲ませるのに失敗する事があって

可哀想に そんな時のパピ子は 

「苦い!苦い!ぺっ!ぺっ!」と 妙に人間っぽい。Docomo_kao8笑



なので たまには何か美味しい物にオブラートして

おやつ感覚で飲ませてあげたい

・・・のも山々ではあるのだが

体調不良で嘔吐の可能性も否定できないだけに

お薬よ! 胃に到達したならば 

速やかに溶けてくれ〜! 速やかに体内に吸収してくれ〜!


・・・と飼い主は願い焦りつつ 直飲みさせるのである。笑

このバベシア薬&パピ子の体質の場合 目安として

2時間吐き出す事なく経てば まず一安心だ。  


このお薬 一度飲めば薬の効き目は1ヶ月続く。

パピ子の場合 投薬期間込みで2週間〜20日は調子が悪いが

それを過ぎてしまえば その後1ヶ月間は元気でいられる。

つまり 今のパピ子は

「20日間調子が悪くて 30日間調子が良い」のくり返しである。




しかし今回は パピ子の様子から

「自力で乗り切れるんじゃないかしら?」という感じがして 

病院行きを伸ばしていたのだったが。

判断材料の一つ おしっこの色も 

やや黄色に変化していたものの 濃い黄色という事も無くの

「う〜ん・・・」と迷える状態の5日間。

6日目 食欲がガクンと落ちたので やはり病院へ。



血液検査の結果  HCT(ヘトマクリット) 42%
    本当なら正常数値範囲内だが 
    昔からパピ子の通常数値は52%と若干血の気が多い(爆)

血小板だけは 異常に下がっていた。


ただ 今回は今までと違う事があって

犯人のバベシア原虫が見当たらなかった。
  (バベシア原虫は顕微鏡で覗くと 丸い赤血球に更に小さい原虫がくっついて
    まるで石付きの指輪のように見えます)


自力で回復中だったのか?

潜伏から目覚め これから悪さしようとしていたのか?


無いとは思うが 他の病気も否めない。

定かではないけど 先生と相談の結果 取り敢えず

今回もお薬を飲む事にした。  

昨年の12月頃から通算して 5回目の投薬。

そろそろ沈静化願いたいよ〜。Docomo_kao11


       当の本人は呑気にお昼寝中!



 



 

お腹の中には何がある?

5
JUGEMテーマ:いぬのきもち




3月中旬。 パピ子はまた 1ヶ月程で再発となってしまった。

数値がまだ平常値内だったからだろうか

投薬(5日間)による副作用も非常に軽くて済み ホッとしていたが

食欲不振だけはどうする事もできず

10日経ってもほとんど食べないので さすがに怖くなり病院を再訪。
(投薬後2週間目の4月3日が再検診の予定日だったのだけど)



血液検査の結果 

貧血状態は順調に回復していて ひとまず安心。

なのに 原因の病魔がなりを潜めたというのに

    なぜ食欲がでない? 



     体重計の目盛りを確認した先生・・・

ドクター「あれ? 増えた!?」

女の子「そうなんですよー。私も先日 自宅で計ったんですけど。」

     パピ子のお腹を触診しながら

ドクター「ん〜・・・。パピちゃんっていつもこんなにパツパツしてましたっけ」

女の子「はい。わりと。普段から詰まってる方です。(苦笑)」

  それから二、三 おしっこの状態など問診のやり取りをしてから 

         先生が言った。


ドクター「食べてないのに体重が減ってないのは 気になりますよねぇ。

お腹もパンパンしている感じだし 脾臓にまだ腫れがあるのかな?

まさか 腹水が溜まっているということはないよな・・・・。 

う〜ん・・・エコーかけてみてもいいですか?」


女の子「はい!お願いします!」


   そして すぐにエコーにかけられた。

       そして 判明した事実。   それは・・・・



   パピ子は平素からお腹がパツパツである

     
という裏付けだけだった・・・汗汗

パピ子のお腹の中には腹水も無ければ 異物も無かった。 

肉襦袢が きっちりと詰まった上等品(?)らしい事を除いては。汗

みんなで「ん〜???」と首を傾げた・・・。

腑に落ちない結果ではあったが いやぁ〜 ひとまず何もなくて良かったわ。  

      例えパツパツでも。(笑)


結局 点滴と 念のための注射を1本打って帰宅。

その4時間後 気分が良くなったのか 食事の半量を食べた。

その後 順調に回復。

点滴と注射 一体どっちが効いたのか? 今後の為にも知りたいところ。


で 今現在 パピ子のお腹は宇宙へと繋がっている汗



そしてその3日後 迷った末に予定通りトリミング。(病院内の)

「具合悪いって飼い主は騒いでたのに 面目丸潰れ・・・汗」呟くハツに

病院のスタッフさんが大ウケするほどの 

パピ子のはしゃぎぶりだった。

  食べないと過剰心配の飼い主
       &
 実は夜な夜な盗み食いしていた犬


病院のスタッフさん達には きっとそう映っていたに違いない。ヾ(⏉o⏉;)チガウッテバ、、、






けど 潜んだ病魔は また顔を出すだろう。

このままいけば 次は 5月の連休開けあたりか・・・。

病気はもうしょうがない。罹ってしまったのだから。

いくら予防して気を付けていたつもりでも 

万が一の不運の種を拾ってしまう仔は どこにもいるのだ。 


ああ〜しかし・・・困ったのは食生活。。。

いかにも あっけらかんとしているように見えて 

パピ子は なかなか気難しいところがあって。

昔から 何事も「はじめて」のモノに対して食わず嫌いなところがある。

それはワンコとの付き合いだったり 食べ物だったりする。

まるがいた頃は 「まねっこパピ子」で わりかし扱い易かったのだが。




病中・病後に これなら食べられるんじゃないか 

なんとか食べてくれ
と用意した物の中で 結局食べられた物と言えば 

ホームセンターで調達した ゴ○太のささみジャーキーとニャンコ用スープだけ。


ゴミ箱行きとなった 豪華食材の手作り食・・・ 

ちょっと高価なレトルト・缶詰・・・ジャーキータイプのフード等々・・・ 

     ああ・・・勿体ない泣く

特に 日頃縁遠い高価な食べ物は見向きもしなかったのには がっくり・・・。 

パピ子 あんたの美味しい物の基準は ホームセンターなのかいっ!

粗食家庭に育ち 粗食な食環境に染まったか? 我が愛犬。




   ハイ・・・ごもっともザンス・・・。
























  





 














 










 

パピ子 ひとまず復活!

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち


ふぅため息ため息・・・パピ子 なんとか復活した?かな?

先週末くらいから いつものパピ子に戻りましたよ!ピースピース




投薬期間が終わってから1週間目の再検査であった先々週。

下降していたヘマトクリット値も血小板値も平常値まで上がり一安心するも

2週間目くらいまでは再度注意しておくようにと

先生からのお達しなのです。  今日がその2週間目。

けどこの病気 現在ではまだ完治できるものではなく

体の中に潜んでいて またいつか顔を出す。

今回2週間が無事過ぎたとしても 1ヶ月後? 半年後? 一年後?に再発か。

それとも老衰で倒れるまで おとなしくしてくれれば・・・。お願い



前回(昨年の12月中旬くらい)の投薬は何の問題もなくクリアだったのに

今回は投薬後30分〜1時間に嘔吐してしまい

せっかく飲んだお薬が半溶解状態で吐き出され 台無しになる事数回。

体内の薬が吸収されたであろう投薬2時間後からは 再び嘔吐・震えがきて

食欲は皆無 飲んだ水さえ吐いてしまうので

皮下点滴をうちながら 乗り切りました。

5年前の抗がん剤治療を思い出したりもして・・・

あの時もそして今回も

私には背中や胸をさすってやる事しかできないんですよね。泣く



日頃めっちゃ元気過ぎて 

ああうるさい あんたもうちょっと落ち着いたらどうなのよ と

辟易する事もしばしばですが(笑) 

前回のブログでそうグチを溢した途端だっただけに 

冷や汗かかせられましたわ〜。汗


やっぱりパピ子は元気が一番です。

クリクリした目をキラキラさせて「わん!!」と見上げる瞳が

やっぱりパピ子。 とてもよく似合います。

リスのようなシッポをピン!と立ててなびかせながら

ふざけて走り去る後ろ姿に ニンマリしてしまいます。

食事のお裾分けを期待して 耳をピクピク閉じたり開いたりしながら

意地汚く辛抱強くお利口さんのフリをしている姿に

私の頭の中のポッチャリイエローカードは機能停止 

甘甘モード全開!になっちゃってます。

豪快にポンポン出して眠っている姿に ホッとします。




「あんた調子悪いくらいがお利口さんで丁度良かね〜」なんて

ハツ もう言わないと思う〜。(笑)   


             たぶんね〜(笑)  多分だよ〜(笑)













 

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

「3婆」紹介

━★まる★━                             H8・6月生まれ(享年16歳)     柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい     我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                         ━★パピ子★━                         H13・3月生まれ(15歳)   パピヨン。           ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                         肩書きは ぱぴまる隊隊長。     その実体は雑用係?                

ぱぴまる隊デジブック

あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode