わかりやすい犬

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち


   パピ子はハッキリ言って 

     自我が強く

     お転婆で

   喜怒哀楽の激しい犬である。



      だが

   その分 分かり易い。

   まず 調子が悪い?というのが すぐ見抜ける。

   だから早めに来院できて早めに原因究明できて

   早めに治療が受けられる。

      けど

   あまりに早く来院しすぎて

   確固たる症状がまだ出ていないという 

   微妙に困った場合もある。(笑)



   だが 飼い主の勘というものにハズレはない!

   その何日後には 必ず不調がやってくる。


   マジで体の調子が悪いと

   おとなしく寝てばかりいるパピ子。

   だが 私にはわかる。

   体を休めている場所で具合の悪さの強弱が違うこと。
 
 「とっても具合悪い・・・」は ココ。
        ↓


 「なんか調子でないなぁ〜」な時は ココ。
        ↓


     ・・・と いう風に。

   Docomo_kao8はてなその場所の僅かな違いは何なのよ?

   だが それはパピ子にしかわからない。

   そして そんなパピ子の居場所をこっそり確認しては 

   ホッとしたり可哀想になったりする飼い主である。




   Docomo_kao3はてななぜに巣のどれかで養生しないのよ?

   やっぱりそれも パピ子にしかわからない。

   ただ こうやって体の調子が悪いと 

   居間から一番遠いこの場所に独りで蹲くまる行為には

   パピ子なりの事情と意味が きっとあるんだろう。


   そこで 飼い主としては憶測してみる。

   シンプルに 居間の騒音からの避難かしら? 

   それとも本能

   弱った姿を群れの仲間に晒したくない とか 

   弱った者は群れの中にいてはいけない とか

   あるいは自然治癒力を高めているとか?

   やっぱり体温調節かもね?・・・等々


      その一方で 

   床が固くて体が痛くなるんじゃないだろうか?とか

   寒くはないだろうか?とか

   人の私は 人の感覚で心配になる。


      いやいや。

   彼女は人では無い。犬なのだ。と思い直す。 

   こんな時くらい パピ子の能力を信じ犬のやり方に従おう。

   些細な事ではあるけれど 邪魔してはいけないような気がする。 

   この場所を パピ子が自ら選んだ事の

   犬としての何かがあるに違いない。

   できるだけそっとしておこう。

   そりゃ〜ね 専用ベッドにきちんと眠ってくれる方が 

   私は安心なのよ。(まだ言うか!) 

   でも犬にとっては 人の「良かれ」が

   「大きなお世話」って事もあるだろう。


      ・・・と まぁ 

   そんな事をゴチャゴチャ葛藤をしながら 

   柱の陰からドアの隙間から 半顔出して 

     (T∇|柱| ガ、ガンバレ!泣 

   具合の悪い愛犬の様子を

   じぃーーーっと観察している飼い主である。kyu




   あと 分かり易くてとても助かっている事。

   嘔吐・下痢をもよおしたら

   サササ〜汗っと移動して 庭に出る窓の前でお座りして

   「ワン!(開けて!)」と一声訴えることである。

   体格同様?声も大きいので(笑) 別の部屋にいても寝ていても

   よ〜く聞こえる!

   何とも有り難い意思表示である。

   
   いつもは「吠えるな」と釘を刺しているくせにね。Docomo_kao17笑

   都合の良い時は「お利口さんやったね〜」と言ってしまう飼い主である・・・。汗 





  
   























  














 

おくトゥり(お薬)飲むよー。

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち




今回のお薬は 取り敢えず今日でおしまい!

朝と晩に一錠ずつ。


我が家では錠剤を飲ませる前には 必ず

「おくトゥり飲むよー」とワン達に断りをいれる。

そして鼻先に示して 

おやつじゃないよ、お薬だよ という事を本人達に確認させ

心構えを抱いて貰うことにしている。(笑)


「あぁぁ〜〜〜んこ」と言うと 

取り敢えず自分から口を開けてくれるが

本当はお薬を飲むのが嫌なので 口の開きは中途半端だ・・・・

笑える。むふふ


さぁ ここから先はモタモタしてはいけない!

サッと手を突っ込んで 

サッと舌のなるべく奥に薬を乗せて 

サッと口を閉じる!

口を閉じたまま 喉をナデナデ

そして ゴックン!   ハイ!おしま〜い!




今回は震えも嘔吐もなく

楽に乗り切りました。 良かった!

 










 

目の疾患・マイボーム腺腫

0
    JUGEMテーマ:いぬのきもち
    JUGEMテーマ:わんこ
    JUGEMテーマ:パピヨン




    皆様 こんにチーワ。 ただイ〜マ。

    ・・・って〜・! たった今帰って来たんかいっ!困ったってさ〜・

    お馴染みのお人なら再び呆れたであろう私の長いお盆休み、実家生活。

    いいじゃん いいじゃん。  それもこれも 

    桁外れな寛大な心を持った主人を射止めたわたくしの特権ですわ。キラキラ


    しかしなぁ・・・ 実家にてスマホの小さい画面に食い付いて

    いぬきもブログ覗くのって・・・目・肩・腰・・・腰はいらんな・・・にきました。落ち込み

    しかも気になる記事もあったりして、コメも入れたいけど

    会員番号は記憶になく・・・汗


    それに、前記事のコメも後半頂いた方

    辺コメもなく置き去りにしたままゴメンナサイ
    すいません

    今回だけ見逃して下さりませー!すいませんすいません




    当初、5日間の予定だった帰省がズレこんだのは

    コイツがこうだったからです!(言い訳?ちゅー汗




    本当はもう1週間滞在の予定だったんじゃよ。

    それを、父の何気ないいつもの嫌みのような口癖と

    なぜだか今回に限ってその癖に「プッツン怒はさみ」とキレた私の精神状態が

    それを許さなかったワケなのよ悲しい


    抜糸もしないで勢いで帰宅しちゃったよォ困った

    自宅からだと病院まで往復4時間強・・・。

    診察まで入れると少なく見積もっても5時間・・・。

    その間、誰がまるの面倒みるのさぁぁーーっ?!困った


    でもね・・・

    いつもの事をいつもの事だってスルーできない

                   そんなイライラした日ってない?

    更年期かしら・・・? いやよっ 認めたくないっ泣く


    結局、急遽 主人に仕事の年休とって貰って、まるの面倒みて貰ってる間に

    私とパピ子の4時間の抜糸ドライブとなりましたが。


    左瞼のマイボーム腺腫手術で取って貰いました。

    最初は、本当に小さな小さなイボみたいなモノでしたが

    癌のこともあるし、すぐ病院で診て貰った結果は

    癌とは関わりのないマイボーム腺腫。

    命に関わるような悪さをするものではないのですが

    瞼の裏に根っこみたいなものがあって(パピ子の場合はグレーに見えました)

    イボが潰れたり、またできたりを繰り返すそうで

    その根っこを切り取らない限り、イタチごっこの代物・・・。

    命に関わるものではないという事、手術は全身麻酔であるということから

    処置には意見も分かれるようです。


    「今より大きくなるようだったら、来院して下さい。」と言われていた

    前在住市の動物病院から、引っ越しの為現在住市の動物病院に

    変えざる終えなかったこともあって

    ここ一年間で大きくなっていくパピ子の目のイボとその根っこに

    現在の病院を何度も受診したものの「そのままで良い」との毎回の答えに

    従ってきましたが、先月頃から潰れたイボが乾く間もなく次のイボができては

    出血の連続で、目の中は真っ赤、患部はジュクジュクだし・・・。


    「日常生活に支障がない限り、麻酔のリスクや体にメスは避けたい」

    という信条の現病院に不満はないけど

    でもどっかで「本当にこのままでいいのかなぁ・・・」とか

    「結果切り取る事になるのなら、なるべく小さいうちの方がいいんじゃないか?」

    とか、心配になっていたのも事実で・・・。


    それで思い切って実家に帰省中に、以前癌の時にお世話になった病院を

    訪ねてみたところ、こちらでは手術を勧められました。

    かなり根っこが大きくなっていること、これからも成長するであろうこと

    眼球に障りがでてくる(この時点でも、ちょっと眼球に触れてる感じはあった)こと

    パピ子の11歳という年齢を考えても「今」かなぁ・・・と。


    私の懸念と、先生の説明が一致したことが手術を決めた一番の理由ですね。

    瞼と言えどというデリケートな部分でもあるし

    この病院の設備なら安心して任せられるのも理由の一つでした。


    納得いかない場合は、ホームドクター以外にも他の病院で意見を聞くことも

    大事だと言うけど、本当にそうですね。汗

    今回、改めてそう思いました。

    パピ子のマイボーム腺腫の根っこ、米粒強の大きさあったと思いますが

    切り取るには根っこの取り残しがないようにちょっと大きめにV字に切り取る

    と聞いて、結果、目の形が変わってしまうんじゃないか?との

    危惧もありましたが(日頃、見かけなんかより実を取りたいと思ってはみても困った

    抜糸から4日目の今日でも、この通りです。





    もう、前とほとんど変わりなく回復しています!

    遠目だともう全然わからん!

    ワンコの回復力ってやっぱりスゴイびっくりびっくりまる


    先生によると、かなり大きく切り取って瞼の皮膚が足りない場合でも

    別から皮膚をもってきて足した状態で縫うから大丈夫なんだそうです。

    この説明も手術に踏み切った理由の一つ。


    一人であれこれ悩んでモヤモヤしているより

    やっぱり実際に相談してみないことには、解決に向かって進まないんだなぁ。

    麻酔ついでに、先日の脂肪種も取ってもらい

    確実に脂肪種だと確認しました。

    マイボーム腺腫は、確率は低いですが万が一悪いものだといけないので

    病理検査にだして、良性であることを確認しました。


    はあぁぁ�・・・・落ち込みダッシュ

    しっかし・・・パピ子って、よくできもののできる女だわさ�・落ち込み

    古都さんとこの茶歩ちゃんが 偏食クイーン冠 なら

    我が家のパピ子は おできクイーン冠 といったところか・・・?




    見よ!飼い主のため息も、エリカラもなんのその!

    手で持って食べられないので、エリカラに乗せてガムを頬張る女。

    キラキラ逞しいキラキラの一言!(食い意地が張っているとも言うけどね・・・)




    パピ子。

    あんたのその不屈の逞しさが炎

    懲りない好奇心が(笑)

    無いであろうと思っていた隠れた観察力がちゅー汗

    我が家を救う「元気印」なんだって知ってる?笑顔

    これからも、少しばかりの「残念・・・!」ため息をつかせるであろう

    やんちゃ犬のパピ子だろうけど

    それと同じくらい「頼り」にもしてるから!


       頑張れよ!  (おまえもな!・・・って言われそう笑顔







    キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ ありがとう! キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

     オハナさん&月ちゃん

     すずりんさん&マリンちゃん

     素敵なお葉書、ありがとうございましたびっくりびっくり




     ちょこびさん&ちょこちゃん

     プチコメありがとびっくりびっくり
    ウインク


     





    お薬の飲ませ方

    0
      我が家のまる。



      最近、ブログへの登場も減ってしまいました。

      なかなか復活できずにいます。

      食事量も半分以下に減り6月に入ってからは病院通い。

      昨日からは食事もジューサーでペースト状にして与えてみたりしています。

      回数も増やし、それでもなんとかやっと半分。

      お薬・栄養剤が必需品となりました。

      それで、今回困ったことはお薬が「粉剤」だということです。

      これまで、お薬といえば、「錠剤」しか飲んだことがなかったんです。

      まるは素直で従順な性格だったので

      どこかで見かけた「ワンコの錠剤の飲ませ方」の手順通り

      1、口を開ける。2、舌の奧の方に錠剤をのせる。3、口を閉じて喉をさする。

      ・・・で苦もなくあっけないほど簡単に飲んでくれました。

      今後の事も考え、フィラリアのお薬も、敢えておやつタイプを避け

      常に錠剤でもらってきました。

      しかし、今回は「粉剤」。

      さてどうしたものか・・・。

      確かほっぺのところに入れて軽くモミモミするとかって書いてあったような・・・。

      せっかちですね~。

      たったそれだけのしかも裏憶えの知識だけで実行!

      もちろん、失敗でしたよ。

      パラフィン紙に乗せて歯の隙間から入れてみたり

      スプーンに乗せてほっぺに滑り込ませてみたり。

      こぼれたり、舞い上がったりして

      きちんとした適正量を飲ませることができません。


      電球 水に溶いてシリンジで飲ませる!

      皆さん、そう頭に浮かびませんでした?

      ところがですよ~  

      敵も然る者ながら、口に含みはするものの飲み込む意思はなく

      口から ダーーー・・ っと・・・。泣く

      老犬は頑固です。悲しい


      でも、良い方法が見つかりました。OK

      ご存じの方は多いと思いますが、もし知らない方がおられれば

      参考にしてみて下さい。

      1,粉剤に水を数滴加えて固めに練ります。

      2,指先に、練ったお薬を取ります。



      3,犬歯の後ろあたりに唇を巻き込むようにして指を入れます。



      4,そうすると口が開くので、指につけた薬をワンコの上顎にすばやく塗って
        2,3秒口を軽く閉じてやればOKです。

      おっと汗 申し訳ありません汗
      私の髪の毛が幽霊みたいに映ってますね。



      迷惑そうな顔のまる。 苦いのかな? どんな味がするんだろ?


      この飲ませ方が一番簡単で短時間で確実だったように思います。

      でも、どの方法がいいかはワンコの性格にもよるのかもしれません。笑顔





      P.S この頃、ブログの更新もですが、お返事や訪問が

               遅れたりできなかったりで 申し訳ありません。すいません









      えーーっ?!点滴がーーっ?

      0
        一難去って、また一難困った

        一昨日ほとんど食べなかったまる。

        昨日は食べはしたものの、夕食で食べた物を速攻で

        もどしてしまいました。

        元気もない様子。

        今日の朝、とりあえず鶏のささみの茹でたものをあげると

        ペロッと完食!

        ああ~ 良かったわ~・・・と思いつつ

        でもココントコまるの食事量も減ってるの気になるし

        フィラリアのお薬も欲しかったついでに

        ちょっと病院で診てもらおうと軽い気持ちで

        出かけたのでした。


        まるにとっては、引っ越してから初めての病院。

        今までの病院では、私が保定していましたが

        ここの病院は、看護士さんが保定。

        ガラスから覗いてみると

        すんごい声で鳴いているまる。

        やっぱり・・・落ち込み

        血液検査で「貧血気味・腎機能低下」と診断がだされ

        ここ2年くらいは、いつも血液検査でそう言われてきたので

        予想通りだな・・・ってニコニコと頷いていましたら

        「気になるところがあるので追加検査します。」から

        「点滴をいれましょう。」ということになり

        「皮下点滴ですか?」ってお尋ねしたら

        「いいえ。大丈夫ですよ。要領は病院で入れるのと同じ

        ですから。 入院でもかまいませんが。」 



        ・・・・はい?・・・・・・

        ・・・ちょっと話が見えないんですけど・・・。



        「入院もいいですが、高齢なので、お家のほうが落ち着く

        でしょうし・・・。 装着しますね。」


        (そうだな、入院より家の方が、まるも私もいいな)

        などと考えながら処置が終わるのを待っていました。

        それからは、鳴き叫ぶまる。

        なだめる看護士さん。

        病院でこんなに大騒ぎするのは

        飼い始めの1回だけで、その後は待合室でも診察室でも

        絶対に大騒ぎするような子ではなかったのに・・・。

        自慢の子だったのに・・・。

        年をとる・・・ってこういうことか・・・と

        ちょっと泣けてしまったのでした。







        まあ、ここまでは良かったのですが・・・・



        処置が終わって、点滴と共に出てきたまる。

        でたっ!汗 首にはエリザベスカラー汗

        「はずせーっ!」と言わんばかりに喚きまくる。困った


        点滴取り扱い説明の看護士さんに

        「これって、時間はどれくらいかかりますか?」

        と、聞いてみると、看護士さんは素敵な笑顔でキラキラ

        「一日がかりですよ~」


        ・・・え? 今、なんて仰ったの?・・・


        「人間用の点滴と違って、ずっと流しっぱなしなんです。

        今着けてる点滴で明日の夕方までもちますから。」



        ・・・あんだってぇ~?そうするってーと 明日の夕方まで

        これ着けっぱなし・・ってこと?困った


        「予備も入れてます。 無くなったらまた取りにきて

        頂ければ。」



        ひえぇぇぇぇぇ~~~汗  第二弾があるのかいっドクロ




        この説明の間にも、泣き叫んで大騒ぎするまる。

        汗だくで必死で止める私。

        落ち着き払った看護士さん。


        だ、大丈夫なのかっ?! この状態で!

        ホントのホントに大丈夫なのかーーーっ?!





        「エリザベスカラーは絶対はずさないように」

        と念押しされ(何度もはずしていいか聞いたので落ち込み

        「お騒がせしました。」と苦笑いしながら帰ってきました。


        そして




        初めからはずすす気だったエルザベスカラー(笑)

        まるの性格・行動は、私が一番知ってるもん。

        こっちが絶対まるだって。






        病院で大騒ぎした甲斐あって、お疲れ気味のまる。


        それで問題は、点滴。

        どこにつり下げる?





        おおっキラキラ 何の使い道もないと思ってた

        部屋の真ん中のカーテンレール!キラキラ

        とりあえず使えそうOK


        あとは・・・

        まるの動きを少しは制限しないと

        私も身動きとれなくなるし・・・。

        点滴持ってまるについて回るも限度があるぞ。

        サークルの代わりになるもの・・・?

        サークルの代わり・・・サークルの~ 

           電球電球電球 そうよ! そうだった!


        そのモノは、押し入れの中で活躍中の

        押し入れスノコ!!

        ここに引っ越してきた時、敷くだけじゃなく

        壁にも立てかけたくて、DO IT YOURSELF したじゃない!

        まさか、こんなトコロで役に立つとはね~音符






        よっしゃ! 2,3日の事だもん。

        これでいくか~ちゅー汗

        でも 今夜からちゃんと眠れそうもないなー・・・悲しい

        しかし、その分ブログできそうだなぁ・・・笑い




        ~~~~~   ~~~~~   ~~~~~   ~~~

        ははは困った

        そんな事言ってる間に、明日になっちゃったよ。

        しかも・・・

        点滴、止まっちゃったし・・・ショック


        また今日、朝一で病院直行だね・・・。泣く

        見返してやる・・・!!

        0
          思い出すたびに腹の立つ怒出来事があります。

          あまり過去にはこだわらない大らかな(?)私・・・。

          物静かな(??)私が「がぁーっ怒腹立つーっ!!怒

          今だに許せない出来事。

          ・・・・・それはもう14年前になりますが・・・・・

          まるを引き取る事を決心し 登録のための狂犬病予防接種を

          受けに ある病院へ行った時の事です。

          車が初めてのまるだから・・・ということで 負担がかから

          ないように、家から一番近い病院を選びました。

          それでも20分はかかります。

          案の定 車酔いし困った しかも異常に恐がる性格のまる。



          そう これくらいの時 6ヶ月過ぎくらいでしたか・・・


          一応 度を超した恐がりやであることを告げると

          「載せて!!」と無表情で指示した先生。

          ・・・嫌な予感は当たるもので・・・

          体重を量るために載っていた診察台を脱走したまるは

          さらに病院の床にうんちを漏らしてしまったのです。ショック

          見る見る先生の形相が変わり「拭きなさい!!」と怒られ、

          心配して一緒にきていた母は「すみません。すみません。汗」と

          謝りながら、手渡された消毒液で床を拭いてまわり・・・

          私はまるを押さえ込み・・・

          ここまでは飼い主の責任であるし、怒られても仕方のない事です。

          でも 次の一言は納得いきませんでした。

          「こういう犬はねえ! 必ず人を噛みますよ!!」

          吐き捨てるように言われました・・・。

          これから犬を迎え入れようとする人に・・・?

          こんな不安になるような言葉を・・・?

          だからこうしなさいというアドバイスも無い。

          悔しくてたまりませんでした。

          人によっては将来面倒ごとはごめんだと思うでしょう。

          拾ったけど噛む犬になるんなら飼うのやめようと思うでしょう。

          許せない!! 絶対見返してやる!!炎

          そう決心したのでした。炎

          ふん怒! ご覧なさいな!!

          噛むどころか こうなったのよ!



          犬嫌いの人達に「まるちゃんなら大丈夫まる」って触ってもらえるほどに!

          見せつけてやりたいけど

          私は二度と あの病院には行かない!!あかんべー

           

          1

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>

          「3婆」紹介

          ━★まる★━                             H8・6月生まれ(享年16歳)     柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい     我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                         ━★パピ子★━                         H13・3月生まれ(15歳)   パピヨン。           ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                         肩書きは ぱぴまる隊隊長。     その実体は雑用係?                

          ぱぴまる隊デジブック

          あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          recommend

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode