年明け/海/トルコライス

2
JUGEMテーマ:いぬのきもち


皆様 あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します。



昨年クリスマス前の記事で止まったままでおりましたが 

私共ぱぴまる隊は とっても元気です!

実は最近非常に多いのが 記事作成中何気にクリックした途端

   記事の吹っ飛び〜 ガーンガーン 

調子良くφ(≧∇≦)カキカキカキコしていると 

つい こまめな記事保存を怠ってしまう私です。

昨年下旬も 書き終えて

「さあ!投稿!クリック!ゆう★ポチっとな!ハート」した途端

  きれいさっぱりまるごと全て消失・・・(泣)

ああ〜Docomo_kao20 ショックショック!Docomo_kao20Docomo_kao20

さすがにやる気は失せますぅぅぅ・・・。悲↓

そしてそのまま ついに年末でした。


が 今年のお正月は穏やかで暖かく

年明け前後に至っては 私もパピ子もご機嫌はすこぶる良しこに。♪

パピ子などは元気が有り余ってしまい

イカの臭いに誘発された鏡餅の雪崩を久方ぶりに引き起こしまして(爆)

私は私で風邪気味だったのに 

正月三が日から実家で呑気に海でシーグラス拾ってたら 

暑くて汗かいた汗

だってほら ここのシーグラスは波によく洗われていて

小さく丸っこく グミみたいに可愛らしいのです。

ほらぁ なんて美味しそうなのぉ〜〜じゅる 



砂糖菓子みたいで つい意味もなく拾いたくなるのよ〜。ハート

か かなり拾ってしまった・・・。Docomo_kao8



その間のパピ子は・・・といえば もちろん海散策!



・・・してましたが さすがに最後は飽きてたかも。



ああ・・まるもいたら良いのになぁ。



やっぱりそう思ってしまいます。  

せめて海を見下ろすように咲いているこの辺りの水仙をと お墓にお供えしてきました。

除夜に毎年恒例で寺へ鐘撞き&お参りに出掛けるのだけど

今年の和尚さんのお話は「良寛様」で 

  形見とて何か残さむ 春は花 夏ホトトギス 秋はもみぢば

リンクして うるっぐすんぐすん・・・ときました。


・・・と ここまでは毎年変わり映えしない実家でのお正月。

しか〜し!!

今年は石川県在住の妹が単独里帰りしていたのだ!!わーい


   (我が家へのおみやげは加賀八幡起上もなか

トルコライスが食べたいと言うので 近所の「向日葵亭」というお店に行ったら 

   え?順番待ちとな?!  はぁぁ??? 

ここらは観光名所からもかなり離れており 普通に市内中心部からも遠い。

いつも空いてるイメージしかなかったので

訝しみながらテーブルに着いて 納得。

県民ショーやらありえへん〜など 複数のTV番組で取り上げられました!と

メニューに書いてある。

周りを見渡すと どのテーブルにも怖いくらいトルコライスが乗っかってて・・・(苦笑)

ついぞ先日まで空席の多い静かな店だったのに・・・Docomo_kao8

何と言うか・・・私にとっては そっちの方がありえへん!ばい笑


トルコライスとは ピラフ・カツ・スパゲッティの3種が一皿に盛り合わせてある

何やらお得感漂わせる長崎のご当地グルメなのですが

どうやらここ向日葵亭は変わり種トルコライスで有名に・・・?

私が注文したのは パスタの代わりにラザニアが

妹が注文したのは ピラフの代わりにオムライスが



それぞれ盛り合わせてありました。

かかっているソースも 左はカレーで 右はドミグラスソース。

ボリューミーでした。 ガッツリと。 ええ ガッツリとね。


その後市内中心に移動して 妹のおみやげ買いに付き合った後

彼女をそのまま中学校の同窓会へと送り出し onpu03私はonpu03一人ショッピングぅ〜手エドはるみ?

途中買ったカース・ケイクを一つ もう一人の妹に届け 

あとはまた一人で夜の出島うろつき堪能致しました。

情緒豊かな夜の長崎出島界隈。







自分用のカース・ケイクも美味しかったです!



実家にて完食してしまったので

妹を空港まで送った折りに 自宅用にもう一つ買いました。

ヒデさんにも食べさせたいもんね!ニコッ





    ヒ ヒデさんにも・・・・Docomo_kao8泣き

    今日こそはっ汗  ヒデさんにも・・・アセアセ

       食べて貰わねば・・・汗汗

(・・・と思いつつもつまみ食いで毎日少しずつ減っていくケーキ・・・)

 

連休は無関係な我が家の5月

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち


10連休という羨ましい人もいたであろう 5月の連休。

されど我が家のヒデさんに 連休は無し。

今年もたった1日だけのお休みでした。

    ちなみに私は年中連休ですけど(爆)

なので毎年 一緒にお出かけする事もままなりませんが

家族として頭の下がる思いはあっても 不満は全くありません。

ガンバレ! ヒデさん! 応援してるよ! 

そして いつも有り難いと思っているよ。

   ・・・・って 直接言ってあげればいいんだろうけど(笑)


そうそう。 お出かけ と言えば

パピ子が毎度お散歩している埠頭そばの宿泊施設に

今年初め ワンコと一緒に泊まれる部屋が新しくオープンしたそうな。

ホテル名は南風楼さん。

全室オーシャンビューと思います。

人気のほどはどうなのでしょうね。

昼間は得に目を惹く建物でもないけれど

埠頭側から夜眺めると とても美しいですよ。



埠頭は広々した空き地で見通しも良く のんびりワンコのお散歩できますが

如何せん 地元ワンコのう○ちの置き土産が多いのがたまにキズ。Docomo_kao8

旅行者の皆様とワンコちゃん お寄りの際はお気を付け下さいませませ。 


さて 話しは逸れましたが

連休明けの週初め ヒデさんは出張だったので

その間 私とパピ子は実家へ帰りました。

母の病院への付き添いと 先祖とまるのお墓参り

そして 美術館へ出掛けるのが今回の里帰りの目的。

いつか絶対見たかった影絵だったんです!♪



昨年はTVのチャリティ番組にも出演されてましたね。

そうでなくても 本などでもちょくちょく見かける影絵には

昔から興味がありました。

やっと現物を見る事ができ 感激です。

ファンタジーな作品だけでなく 

長崎に関連した端島(軍艦島)などの作品もあり

見応えありました。

光と影と そして色と

自分なりに閃いたものもあったりして 

また違った収穫もありました。

額絵は高くて手が出せず

マウス用パッドを買いました。



楽しい気持ちをくれるマウスパッド 只今活躍中!

気分は上々。ゆう★


だけど 世間とは裏腹に

静かに日常を粛々と過ごすのも 悪くはないものです。 


パピ子のしっぽ群草(と勝手に呼んでいる)のフワフワに癒されて



       
                 
いつものように 小さき野の花を写真に収めたりして。




無機質な鉄のくすんだ風合いに 

いつもは即!退避〜!マジで汗カメムシが 

色鮮やかに とても映えていて

つい見入ってしまうほどでした。


熱中して撮ってると

やっぱり邪魔は入りますけど。(笑)

  ・・・あはは汗大事に至らずに良かったわ汗・・・(冷汗)





そんなこんなの 平凡な5月でございました。


 

パピ子 潮干狩りにお供する

3
JUGEMテーマ:いぬのきもち



貧乏暇無しの可哀想なヒデさんは 先月から休む間もなく 

連休最終日の6日に やっと1日だけお休みがとれた。

11日間の連休をフルに満喫している人もいれば

ヒデさんのようにお休み返上で仕事してた人も きっとたくさんいるんだろうな〜。  

         皆様 お疲れ様でした!


で 「その唯一の6日に 家族で潮干狩りに行ったんだね」 と思われた方。 

     残念! 違います!(笑)


潮干狩りは干潮の大きい 大潮の時が最適。

  今回は連休前半頃が大潮でした。

そこで大潮の4月29日 またまた実家の海で

          やっぱりパピ子と2人で潮干狩り。



   実家のある海岸は この通り石ゴロゴロ。

どこ掘りゃいいの〜?状態ですが 勝手知ったる地元の海!

   石をひっくり返しながら所々の砂を掘ると

   ほら この通り!  アサリ貝が出てきます。



      どれがアサリ貝かわかるかな?

      もうちょっと掘ってみるね。

        これではどうかな?





            見つけられたかな?ニコッ



アサリ貝とは言っても随分小ぶりです。 すずめ貝かもしれません。



幼い頃から馴染んでるせいか 私はここの この小ぶりの貝が好きで。

この貝 体に似合わず お味噌汁にすると

         最高に良い味だしちゃうのよ〜!ヤッタv


石を飛び回って あちこち気長に黙々と2,3時間掘ります。

いわゆる蒔いて育った養殖貝ではなく 天然の貝であり

ザクザク出てくるわけではないので

バケツいっぱいに・・・というわけにはいきませんが・・・。

勿論 ウニなどの特別な物を除いては 料金なんて必要ないです。

自分達が食べる程度だけ掘る そして

赤ちゃん貝は採らずに残すは 言わずと知れた事ではあっても

様々な理由から 最近はめっきり採れる貝の量も年々少なくなってきています。ぐすんぐすん     





海へは 必ずまるもパピ子も同行です。 

人が貝堀りに熱中している間 

ワンコどもが何をしているか・・・というと〜

まるは一人遊びながらも 私や母の様子をちょくちょく見に来ました。

隣に来て 私が掘っている場所を一緒に掘ったりしてくれました。


一方パピ子は もうひたすら自分の遊びに夢中。

体も小さいし岩の影に忽然と消えるので こちらでたまに安否確認。

「パピ子はぁ〜・・・?」 ぐる〜っと見回すと・・・

       ほら!  いた!



    大漁旗のように はためくしっぽ!(爆)

      重宝なしっぽなのだ〜。(笑)


しかし今回初めて 珍しくパピ子の方から安否確認がありまして。

向こうで「ワン!!」と言うので 見ると 見回している様子だったので

「ハイハ〜イ。ここにおるよ〜」と私が手を振ると 

    また岩陰に消えていきましたよ・・・

自分は動かずして やっぱり要領のいい子ですわ。Docomo_kao8


実は前日 トリミングに出したばかりだったのね。ムスっ 

見事に足は海に浸かって 身体中潮臭かったパピ子です。



これから1年ごとに 一気に老化していく年齢のパピ子。

  来年は・・・ いよいよお留守番かもなぁ・・・。

    ちょっと淋しさも感じるハツです。


お暇なら 下のパピ子の海遊びの姿を覗いていって下さいね。

    こんな調子で2,3時間です。(苦笑)


















 

新年 明けました〜!

1
JUGEMテーマ:いぬのきもち


皆様。新年明けましておめでとうございます!!

清々しい年明けを過ごされましたでしょうか?


私達ぱぴまる隊は 例年と変わらず実家で

ハツは のらりくらり 



(実家の田舎はいいやね〜 人も犬もマイペースで散歩さ〜)




パピ子は ボスの機嫌をとっては

たかり三昧のお正月を送っておりました。





しかし そんなのらくらハツも 年明け間際は地元のお寺へ張り切ってGO!

参拝者は順番に 除夜の鐘を撞いていきます。

そして住職の有り難いお経お説教御札や御守りを頂きながら

年を越すのです。

田舎の小さなお寺の鐘ですから 人がぶら下がって撞くほどの

そんなに大きい鐘ではありませんが

  ごおおーーーーーーん! 力強い  男性の撞く鐘の音

   ごおぉぉ〜〜〜〜ん! 優しい 女性の撞く鐘の音

  かん!こんこんこん・・・ おまけ付きになってしまった 子どもの撞く鐘の音

           などなど 

     聞けば 春から笑うえるような除夜の鐘。

      (写真は案の定 取り忘れました汗


小さいけれども神社もあります。




勿論神主さんもいない こぢんまりした神社です。 通称「神山(かみやま)さん」

良くも悪くも 数年前にきれいに舗装されました。

ここも神社であるのにカクレキリシタンの逸話の例外ではありません。

わかりますか? 右やや上の石碑にズームアップ!

神社なのに 十字架。



これは近代建てられた物なので 堂々と十字架が建ってますが

この神社がキリストと関係ある事を 一目で物語っています。

その昔 キリスト弾圧時代はこの神社を隠れ蓑に

山の中では黙々と・・・字の通り黙々とお祈りが行われていたとか。

「神山に近づくとお腹が痛くなる」とか「怖い事が起こる」とか

そういう噂をわざとバラ撒いて 他人がむやみに近づかないよう

気をつけていたそうです。 


 
さて 左はお寺へ登る菩薩道。比較的新しい。

右はまるちゃんの眠るお墓のある場所。 上の青い囲いの所。



まると初めて出会った頃は ここは菩薩道ではなくて 

ただの鬱蒼とした山で藪と古井戸があって 

横に伸びるコンクリートの継ぎ接ぎ部分には 小さな小川が流れていました。

目が開いたばかりの子犬のまると出会ったのが 丁度この場所。


パピ子 まるちゃんのお墓へと走ります! 可愛いいガニ股加減です。



    このガニ股加減 私 好きだわぁ〜(笑)



今年はお天気も良く 暖かかった年の初めでした。

私達が帰宅する日 空に架かった大きな虹。



まるもあの橋渡って 空へ帰宅したかしら・・・と ふと思う。


良い年でありますように。

頑張れる年でありますように。

 

 
 
今年もぱぴまる隊は ごくごく普通の

日常のどうでもいい些細な出来事で ブログを埋める覚悟です。汗(笑)

なにしろ主人公は老犬故犬と 中年女のおまけ付き・・・

初々しく微笑ましいお話は勿論 ビックリするような武勇伝もございませんが

何卒本年もよろしくお願い申し上げます。








 

精霊流しの日

6
JUGEMテーマ:いぬのきもち


今年のお盆も いつものように

パピ子とまると実家に帰った。

13日から 毎年恒例の夏の里帰り。

ただ去年までと違うのは 

まるが 

遺影と 形見の歯と 

火葬前に切り取った少しばかりの毛になって

パピ子よりも小さくなって 帰ったという事。


小さな コモでできたお供え用の船に

チーズやらササミのおやつやら

まるの好物をたくさんお供えして

お盆を過ごした。


母が一言ポツリ。

「まるには ずーっと生きとってほしかったぁ・・・」

何だろう・・・ 

目の覚めるような響きの言葉だった。



実家にいる間は 毎日 まるのお墓に出向く。

それはお盆に限った事ではないけど

「パピ子〜 まるちゃんの所ね〜」と家の門を出る時声をかけると

パピ子は もうわかっていて

ちゃんと道を選んで

一目散に まるのお墓のあるオリーブ畑への坂道を駆け上って

大好きな探索やニオイ嗅ぎも後回しにして

必ず最初に まるのお墓の前に立つ。


嬉しそうに その坂道を

勢いよく駆け上がったり 駆け下りたりするパピ子の姿は

全く同じように 嬉しそうにこの坂を駆けていた

まるの姿と重なって見える。

なぜ こんな何の変哲もない短い急な坂道が

まるもパピ子も大好きなんだろうね。(笑)

まるにはそれなりの理由はあるけれど 

パピ子には無いはずなんだけどなぁ。

10年一緒にいるうちに 

まるの楽しみや感情が パピ子に感染してしまったのかな。




15日 夕方。

お供えしていたコモの船を持って 近くの海岸へ。

まだ日は沈んでなかったし 海岸の石が焼けていては大変だから

パピ子は連れず 一人出かけた。




市内中心では 賑やかに 華やかに 

精霊流しが始まっている事だろう。


でも まるは 花火が大嫌いだったから(笑)


そんな事を考えながら

波間を 頼りなく揺れる 

まるの小さな船を 見送った。



賑やかな花火もなく かけ声もなく 華やかでもなく

ただ そっと見送った。


静かに 静かに  見送った。 


 






































 

パピ子、里帰りのある日の独り言&鏡餅で・・・!!の思い出(おまけ)

0


           JUGEMテーマ:いぬのきもち












     まるちゃん 何見てたのかなぁ?

     やっぱり海かなぁ。








     石ゴロゴロやったばってん

     ここで遊ぶとの好きやった!

       ね〜 まるちゃん


         去年も来たね〜







                  



       たださ〜

     道のりがサバイバルで

     まるちゃん抱っこして登り下りした隊長の形相が

        スゴかったよね・・・。


     「取って食われるっ!」ってヒヤッとしたもん。












                        あ〜  暇じゃ〜

                      まるちゃんがいないと なんとなく

                             暇でしね〜・・・。   

















                 ん? おかあさん

                    何て言うた?!






                よっしゃぁ〜!

                焼きイモたい!


                おかあさんっ

                パピ子にも

               はよぅ くれんねっ







    「散歩」って言うし喜んでついて来てみれば

     何枚撮れば気の済むとやろうか・・・。

      一発で決めろや〜!ヾ(`д´;)

      海風寒かっちゅーに。






    《鏡餅で・・・!!の巻》

    今年の実家の鏡餅は



    てな感じで 何年か前に比べると すっかり簡素化してしまったが

    以前はもっと昆布やら海老の造りものやら祝いの扇やらと

    絢爛豪華なモノであった。

    その年も 凝り性の父が飾り付けを始めると 好奇心いっぱいで見つめるパピ子。

    そのパピ子の期待の目に意気揚々の父。フフン

    誰かが興味や期待をもって見てくれると 人って「力」が入るものである。 
    例えそれがであってもネ

    飾り終わって床の間にお飾りを据えた父は

    「うん!いいね〜」と言うこれまた家族の声に大満足!

    そして パピ子は部屋の入り口から乗り出すように堂々

    まるは星飛雄馬のお姉さんのように柱の陰からひっそり

    その鏡餅を拝ませてもらったのだった。
    (特別に柵などはしていないが和室は入室禁止のパピ子とまるである)

    お正月の準備は忙しい! 皆 それぞれバタバタとそれぞれの仕事をこなす。

    ふと見ると パピ子が和室の入り口で鏡餅を眺めていた。

    パピ子はすっかり鏡餅が気に入ったらしくて 

    ちょくちょく和室を訪れては鏡餅を眺めて喜んでいた。

    その微笑ましい姿に

    「よっぽど珍しかとやろうね〜」

    「犬もやっぱり きれいかねぇ〜(美しいなぁ)って思うとやろうか」

    「何やろうか?って思うとっとやろ。新しモノ好きやけんねパピ子は。興味のあるとやろ」

    「やっぱパピ子はおもしろか犬なぁ!」

    などと 和やかな雰囲気の我が実家であった。

    それから年も明け 寝静まった2日の晩のこと。



    がったーーん!!!


    和室で寝ていた私と母は側で大きな物音がしてびっくり!飛び起きた!

    暗闇に 床の間周辺でうごめくパピ子の白いお尻が見えた。  

    「なんしよっとねっ!  あっ・・・!」 

    電気をつけて愕然! 

    やってくれました・・・。 

    お飾り大崩壊・・・!!

    どうやら餅の下に敷いてあった特大のスルメの足

    パピ子が思いっ切り 引き抜いたらしい。

    明らかにスルメを引っ張り出した痕跡が・・・。 



    「パピ子さぁ・・・ 鏡餅に見とれとったワケじゃなくて 

    スルメば狙っとったとね・・・」

    トホホ・・・
    おもしろい犬 ただの食い意地のはった犬

    しかも あの信頼厚いまるまでもが共犯だとは・・・!

    パピ子の後ろでオドオドと。

    2匹で相談したわけでもないだろうが あ・うんの呼吸でこっそり忍び込んだこの2匹。 
     

    自分達のトホホな勘違いに さすがの父も苦笑いであった。


    私は飼い主としての面目丸潰れ そして何より

    自分の枕元に直系20僂龍戚澆転がっていた事に

    イヤ〜な汗をかいたのだった。 






     









                                          


    自由な生活

    0
      いまさらですが~汗

      まるのケガで後回しになっていた実家でのお正月の2ワンの様子。

      何か大きなイベントがあったわけではないのですが

      この土地が大好きなまる、調子があがりました。OK

      ここで、この土地で生まれたことが関係しているのでしょうか?

      自由がいっぱいで、近所の人達から声をかけられ抱きしめられ

      事あるごとに、家族の誰かについて行って外を満喫できる実家は

      2ワンにとっては、楽しいしお腹はすくしで良い生活のサイクルが

      過ごせるようです。


      私以外の誰ともお散歩しないパピ子。

      なぜか母とだけは私を置いてお散歩OK!


      「お利口さんになってる!」と褒められました。ャッタ─(o`・c_´・o)v─ネ!!!

      まるに頼れなくなって、やっと自覚がでたものと思われます。(笑)




      ストーブで焼いた焼き芋 おいしいね!
      母とパピ子、2人で仲良く分けあって。





      山での父とパピ子 なぜかシンクロしてる? (*⌒m⌒*)ぷっっ♪


      自由気ままな生活満喫のパピ子。





      実家でのまるの定位置はキッチンの食台の下。



      パピ子は冷蔵庫の横。



      でもやっぱりストーブの前が大好き!


      今回、ストーブ使用は心配していたのですが

      誰かが必ずまるの傍にいてフォローしてくれました。

      まるも気持ち良いのか、よく眠っていました。





      お散歩の折り返し地点の海。

      昔から見慣れているこの景色。


      久しぶりに下に降りてみました。


      子どもの頃から何十年と変わらない、未だ手つかずの自然。

      それが理由で、大河ドラマの「坂本龍馬」のロケがありました。

      福山雅治さんが、龍馬の姿でインタビューで腰かけていた石を見て

      「うんうん、あの辺りのあの石だったね!」って、福山くんそっちのけで

      石川県在住の妹と黒電話で思い出話に盛り上がりましたっけ。(爆)

      それほど海水浴に、貝堀りに、ピクニックにと何度も出かけた大好きな場所。

      まるとパピ子も、貝堀りに同行しては真似して掘ってみたり

      船虫やカニに夢中になってみたりと、2時間でも3時間でも

      それぞれ好きな事して遊んだ場所です。




      浜に下りるや否やパピ子はさっそく散策開始!走る



      まるも砂地のあたりで何か臭いを楽しんでいます。




      良かった~~~ 思い切って下ってきて。・:*:・(*´ー`喜)。・:*:・ ウレシイ



      そして、キラキラ清々しい気持ちでキラキラ、さっき下りてきた急な坂道を見上げ・・・。

      Σ川 ̄▽ ̄;川・・・ハッ! 衝撃の新事実・・・。

      ( ̄~ ̄;)ウーン・・・ あの坂を登れるのか?


        まるを抱えて、あれを登れるのか?!・・・ 



            

              きっと途中で事切れるな・・・。バタ、、、 =□○_ チーンΩ\



      下ったはいいが、登る事をすっかり忘れていた隊長であった。(llllll´ρ`llllll) アァ…





      何とか登り切った私は、きっとすごい形相だったと思います。(笑)






      1

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      「3婆」紹介

      ━★まる★━                             H8・6月生まれ(享年16歳)     柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい     我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                         ━★パピ子★━                         H13・3月生まれ(15歳)   パピヨン。           ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                         肩書きは ぱぴまる隊隊長。     その実体は雑用係?                

      ぱぴまる隊デジブック

      あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode