解散!だけどこれからも歩こうよ

6

JUGEMテーマ:老犬♪

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

パピ子が虹の橋を渡ってから1ヶ月。

 

淋しさは未だ勿論あるけれど 

 

悲しみは割と早い段階で落ち着いていた。                      

 

それはパピ子との18年間を思い起こした時

  

「やりつくしたな」って思わず口に出た瞬間だった。

 

悲しみは晴れ渡るように ただもうどうしようもなく感謝でいっぱいになった。

 

ああもう本当に呆れるくらい 毎日あちこちでたくさん散策したよね。 

 

引っ越しもした 病気にもなった 

 

たくさん心配して ホント病院にもよく通ったよ。

 

海辺で 潮干狩りで ドロドロ砂だらけになってさ 

 

美味しい物も たくさん食べた。

 

列車でヒヤヒヤ長時間乗車もやり遂げて 

 

結婚式の集合写真にもキッチリ収まった。

 

車移動が大好きで 芸達者で お手伝いも上手

 

でもお転婆だから よく叱られたよね。 

 

都度都度クルクル変わる表情は面白くて 

 

ガサツで けちん坊で 

 

でもヤルときゃヤルんだぞ!っていうそんな底力も

 

キッチリ見せてくれた仔。 

 

 

パピ子のお骨があまりに見事でしっかりしてたから 

 

え⁈ほんとに19歳の骨⁈ってビックリするやら呆れるやらで

 

まるで恐竜の化石じゃないのって 

 

お骨を拾いながら 心の中で苦笑いした。

 

でもさ 何だかホッとしたんだよ。

 

パピ子はこんな最期の最後になっても お骨になっても

 

元気をくれるんだなぁ って。

 

そっか パピ子も向こう側で同じように

 

「犬生やりきった!」って思っていてくれるといいな。

 

まる先輩に鼻高々で報告してるといいなぁ。

 

 

ついに ぱぴまる隊は解散となってしまったけれど 

 

まる先輩と16年 パピ子と18年

 

持ちつ持たれつの23年間 思い出すのはやっぱり 

 

3匹で歩く田舎道。

 

歩こうよ 歩こうよ あの角まで あの道の先まで もっと先まで

 

そうやって歩いた散歩道 大事にしてた時間 

 

競争したり かくれんぼしたり

 

汽車ポッポって連なって

 

栗や野イチゴ カラスウリ 杉林 菜の花 田んぼの稲穂 波打ち際 ワタリドリ 雲雀の声

 

あっちこっちで寄り道ばかりして

 

前になったり後ろになったり 待ったり待たれたり

 

そんなやり取りが只々嬉しく心地良く楽しかった。

 

それ以外は何もない ただの素朴で地味な道中。 

 

だけどそれが ぱぴまる隊の一番の宝物。 

 

普段は私の影のような大人しいまる先輩の自信に満ち溢れた先導ぶりを頼もしく思い

 

パピ子の体格に似合わないタフさと根性に舌を巻き

 

そして2ワンのここ一番の笑顔を見たならば

 

「引っ越しだから」なんていう言い訳も路線変更のキッカケにはできなくて。

 

そうやって日々 人に合わせて生きていく彼女らだからこそ

 

一日に数時間はこんな時間があってもいいんだと

 

一途にやり通す事に決めた。 

 

だけどね 私もね 節度ある飼い主とかそんな自覚に蓋をして

 

ただね 自分も1匹の犬になって 

 

「やっほー!」って ただそこにある自然を感じるだけの

 

あの時間や景色が 自分自身にとっても貴重な時間だった事

 

今 増々強く懐かしく実感してしまっているんだよ。  

 

まるとパピ子だったから やれた事だったと思う。

 

まるとパピ子だったから 得た時間だったと思う。

 

有難うね まるちゃん パピ子。

 

また いつか。

 

いつか来るその日まで。

 

あなた達に追いつけるその日まで。

 

そして再び並んで歩くその日まで。   

 

私はしばらくこちら側で

 

さて また歩くとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


旅発ちました

4

JUGEMテーマ:いぬのきもち

JUGEMテーマ:老犬♪

 

 

パピ子 昨日永眠致しました

 

これまで応援して下さった皆様

 

いつも見守っていて下さった皆様

 

本当に有難うございました

 

元気印のあのパワフルパピ子が 最近は抱っこされる事が多くなり

 

パピ子本人的にはちょっと不満だったろうかな

 

でも その抱っこした時のあの温もりが 

 

私にとっては とても幸せな瞬間で  

 

ああ あったかいなぁ パピ子はあったかいなぁって

 

伝わるあの温もりが 本当に幸せで幸せで

 

 

虫の息だったわけでもなく ちょっと愚図ってはいたけれど

 

亡くなる2時間前もご飯を全部平らげて

 

大好きなペロリンも舐めて 落ち着いて眠りについたのに

 

今日も大丈夫だと安心ていたのに

 

2時間後起きてトイレに立った時 

 

あっさり逝ってしまいました

 

 

元気ですよって発信した後に 

 

追いかけるように永眠の知らせになるとは

 

私自身も思ってもみませんでした

 

19歳には届きませんでしたが

 

彼女は頑張りました

 

その頑張りは やっぱり私に元気をくれました。

 

母の介護に疲れてイライラしがちな私の 元気の素でした。

 

あの仔を抱っこする度に 頑張ろう 頑張ろう 今日も頑張ろうって

 

パピ子 頑張ろう 頑張ろう 頑張ろうねって

 

 

本当に有難う パピ子

 

あなたが大好きでした

 

これからも大好きです

 

ずっとずっと 大好きです

 

私のパピ子

 

 

 


パピ子のサークル

5

JUGEMテーマ:老犬♪

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

しかし。何ですね〜

 

スマホの指紋認証が・・・!(~_~;)

 

クリーム塗っても塗っても 指先の乾燥が・・・!

 

やっとこさ小指僅かな潤いで

 

毎回何とかスマホを解除・・・な今日この頃

 

 

    と そこで 

 

ぱぴまる隊をご存じの方皆が思った事でしょう・・・

 

 

いや あんたの事はどうでも良いのよ!乾燥しようが潤おうが!

 

そんな事より一体全体 パピ子はどうなってんの?!

 

 

 

  ハイ ごもっとも。( ̄▽ ̄;)

 

 

昨年12月に義父が亡くなりまして 49日も過ぎて 

 

ようやっと自分のブログを覗いてみれば

 

辛抱強くここを訪問し続けてくれている人が まだいるのね⁈Σ(・□・;)

 

きっとパピ子の安否を気にかけての事だと思うと有り難くもあり

 

ここはやっぱり一報なりとも報告すべきかと。

 

「しぶとく生きてるよ〜」とか「ついに天に召されました」とか・・・。

 

ハイ!いきなりお尻からごめんなさ〜い!

 

健在ですよ〜。何とか生きてます!

 

まぁ いろいろありますが

 

こりゃあもう本当に駄目かもなぁ〜・・・という瞬間もありますが

 

しぶとく しぶとく 頑張っている次第です。

 

 

3月がくれば19歳。 顔も目も真っ白(笑)

 

やはり足腰は相応に弱り 若干支えも必要となり 

 

抱っこされる事も多くなり

 

ですが寝たきりというわけでもなく 

 

調子が良いと部屋中をウロウロ歩きまわったり

 

若い頃とほぼ変らない元気いっぱいな吠え声をあげては

 

皆を驚かせてます。

 

 

 

 

昨年 とある事から 自分の古〜い古〜いブログを読み返す機会を得ました。

 

それは 老犬まる先輩の「バスマットサークル」の巻。

 

まる先輩より早逝を言い渡されていたパピ子だったのに

 

蓋を開けてみれば誰よりも長生きしちゃって(* ´艸`)クスクス

 

結局 やはり同じようにサークルもどきが必要になりました。 

 

まる先輩の時は強度的に厚みのあるバスマットを少々細工しましたけど

 

パピ子の場合は コレで大丈夫なんですよ。

 

 

何だっけ?コレ。なんて商品名だっけ?

 

冬になったら窓際に置くタイプの・・・

 

結露ガード?・・すきま風ガードだっけ?

 

何の加工も必要なく ただ半分に切っただけ〜(笑)

 

そして今回も洗濯バサミ登場〜

 

ハハハ〜((´∀`))ケラケラ 相変らずの手抜き作業か〜 

 

実家もね〜 パピ子仕様です。

 

しかも ただポンと立ててるだけだったりするよ〜。

 

 

行ったらサッと開いて帰宅時にサッと折り畳むだけなので すっごく重宝してます。

 

パピ子もこう見えて わりかし慎重派なので

 

突き破って前進する事も無く 本当助かってま〜す。

 

パピ子はもうチョット 頑張れると思うよ〜。

 

 


パピ子はしぶといのが取り柄

6

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

気が付けば 前回の記事からすでに5ヶ月・・・。

 

その後も「今回はもうダメだ今度こそもうダメだ」なぁ〜んて繰り返しつつ

 

パピ子もとうとう18歳も半分まで来ましたよ。

 

昔っからしぶといのが取り柄だったよね(笑)

 

調子が良かったり悪かったり

 

食べたり食べなかったり

 

実家の帰りにチョコッと公園に寄り道して遊んだりして

 

そんな日々の繰り返し。

 

こじんまりと でも頑張って生きてます。

 

でも 大体は寝てる事が多いかな。

 

 

最近は粗相も多くなりました。 

 

寝起きと同時に💩!

 

口で食べながらお尻で出してたりさ〜!!(~_~;)💦

 

できれば時間差が欲しいのよっ💦

 

まぁ しょうがないですけどね・・・

 

年を取るという事は 等しくこういう事なんだもんね。

 

ただ 毎回洗濯も疲れるので いつでも対応できるような対策を・・・

 

 

💩袋をすでに開いた状態で部屋のあちらこちらに!((´∀`))ケラケラ

 

至ってシンプルな対応ですけど(〃艸〃)ムフッ

 

あとは飼い主の察知と観察力と俊敏性が問われます!(爆)  

 

 

だけど不思議とオシッコは粗相しないんですよ。

 

今のパピ子の場合だと 大体4時間間隔くらいかな〜オシッコタイムの目安。

 

その上で 一日昼夜を問わず目が覚めたタイミングでの外シッコと

 

調子が良ければ今でも自身が「ワン!」って意思表示する事もあって。

 

ただ 夜中の3時半くらいに道端にしゃがみ込んでるオバサンの後ろ姿( ꒪◊꒪)って

 

やっぱりちょっと怖いよね〜(笑)

 

新聞配達人さん いつも不安にさせて 

 

  ごめんなさい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


痩せちゃったなぁ

6

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

 

腎臓病からくる慢性的な食欲不振で

 

3月まで何とか保っていた4埖罎鬚弔い棒擇辰討靴泙辰討ら

 

測る度に0.1圓困銚困辰董4月下旬には3.7圓世辰拭

 

パピ子は毛が豊富だからカモフラージュされて一見わからないが

 

触ってみると 痩せてしまった体が手の先に伝わる。

 

 

食べなくなって点滴に行き 

 

治療後 抱っこすると 

 

毎回 点滴の分だけ重くなっていて

 

ちょっと前までのパピ子の重さだなぁ〜 って

 

たった何百gの重みが やけに懐かしくなる。  

 

 

まる先輩は シリンジからでも素直に食べる仔だったけど

 

パピ子は嫌々が激しくて 本当に困るな。(泣)

 

夕方は食べられるといいな 明日は食べるといいな

 

アレは食べないかなぁ こうやれば食べられるんじゃないかなぁ

 

奮闘はしてみるものの ハズレの御飯が今日もゴミ箱行きの日が続く。

 

アレコレ思いつきで買い漁るので 家計も打撃(笑)

 

ひとまず療法食は一時お休みとして 

 

とにかく「食べる」事に専念する。

 

少々腎臓に悪い材料でも 食べられる物を食べながら

 

「食べる勢い」をつけなければ。

 

と言っても 頼みの綱であるささ身肉やサツマイモも全滅の時って

 

一体何を食べさせる? う〜ん・・・困った困った・・・

 

 

 

 

            <そんな時 パピ子の場合は・・・>

               

               固形物・流動食が無理でも スープなら飲める時もあるので

 

               ダメもとで作るのは 重湯感覚のモノです。 

               

               殆ど栄養の足しにはならないけれど 無いより良いし

 

               とにかく食べるキッカケだけは模索したい。

 

               犬用の栄養スープ(わんダーランド)をベースに

               

               人用のレトルトお粥を若干多め ささ身少々

 

               乾燥野菜(わんダーランド)少々 以上を

 

               トロトロじゃなくサラサラに煮込んで

               

               焼き芋を(なぜか茹で芋だと食べないパピ子)指の先程潰し入れ

 

               粉飴もチョッピり混ぜて 良い加減にまで冷ます。

 

               コツは どの材料も程々にし欲張って入れ過ぎないよう自制(笑)する事。

 

               軽く撹拌してから出してやると  

 

               スープ部分は綺麗に飲んでくれます(沈殿物は残すけど・苦笑)

 

               良かれと思ってミキサーにかけて出すと 

 

               何故か飲みも食べもしません。(苦笑)

 

               一体 どこがどう違うんでしょうかねぇ?

 

               パピ子の心理がわからん・・・(泣)

 

 

 


もうダメかと思ったよ

4

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

 

調子はまぁまぁ・・・そう見えていたけれど

 

先日 グッタリしたパピ子を連れて

 

毎日通院 点滴治療受けながら

 

「今度こそダメなのかもしれないね」って 夫婦で話していた。

 

老いて 腎臓が悪くなったり 心臓にガタがきたり

 

毎日 食べたり食べなかったりを繰り返しながらも

 

何とかここまで来たよね。

 

18歳の老犬にも似合わないデカ声で毎日ワンワンうるさいし

 

18歳のくせに力強い足蹴りで抱っこを拒んでは 自分で歩くと言うし

 

本当にパピ子は不死身なんじゃなかろうか?と 錯覚しかけていた。

 

 

倍生きてくれたね。 

 

命の期限の9歳から 更に9年。

 

決して順風満帆な健康道ではなかったけれど 

 

パピ子の持前の明るさと好奇心と

 

何があっても懲りない鋼の性格みたいなのがさ 

 

パピ子にオマケの犬生をくれたんだよ きっと。

 

 

先日 家の中でまる先輩の足音を聞いたんだ。 

 

なぜか 安心したっけ。

 

例えその時が何時来ても うん そうだね 

 

まる先輩がいれば大丈夫。

 

 

・・・・・なぁ〜んて・・・・・

 

 

半分覚悟決めてましたよ〜(笑笑)

 

それが まぁ 今回は何とか戻って来れました。

 

食欲はまだまだイマイチですが 再び自力歩行もできています。

 

誰もいない公園で 好き勝手に縦横無尽に歩く姿を見ていると

 

「これが最後の元気かもなぁ」って毎回名残惜しいものです。

 

あとどこまで行けるかわかんないけど

 

特別何にもできないし 傍で見守る事しかできないけれど

 

これからの日々も変わらず 穏やかに過ごして行けたら良いよね。 

 

この前立ち寄った公園の桜は もう散っちゃったけど

 

ほら 今はまだまだ とても良い季節だから。

 

  

 

 

・・・で まる先輩は 何をしに来てたの?(笑)

 

お迎えじゃなくって応援でしたか?(笑笑)

 

 


パピ子の言い分 ハツの言い分

4

JUGEMテーマ:いぬのきもち

                 

 <パピ子>

 

ハイ! パピ子です!

 

 

(*´σー`)エヘヘ 先月18歳になりました!            

 

最近いつも「パピ子は一日の殆ど寝とるとよ」って隊長が人に話してて

 

ちょっとシャクな毎日を送っています。    

 

年を取るとさ いろいろとあるんだよ〜。

 

だから 一休みのつもりが 

 

いつの間にか そのまま居眠りしてしまうんだよ〜。                   

 

   

 

だけど 寝てばっかりってワケでもないからね。                 

 

今だってちゃ〜んと 私には大切なお仕事があるからさ。       

 

私の今のお仕事はね                   

 

 

隊長と一緒に 毎日隊長の実家へ通う事。                           

 

隊長のお母さんに「来たよ〜!」って言う事なの。

 

 

隊長がね「パピ子!頼んだよ〜。」って

 

そして「すんごいね〜 偉いぞ〜」っていっぱい褒めてくれるんだ。

 

私が「来たよ〜!」って顔を出すと 

 

「あら〜パピ子〜 来たとね〜」って 

 

お母さんがニコニコ顔で喜んで迎えてくれるよ。

 

お母さんが笑うと私も元気が沸き上がってきて

 

ついつい「ワン!ワン!ワン!」って はしゃいでしまったりもするんだ。

 

 

 

で やり過ぎて「うるさいっ」ってダメ出しされる事もあって・・・。

 

まぁまぁ そこは愛嬌なのだ!

 

それにさ〜 お母さんとこのコタツ布団寝心地良くて気に入ってんだ〜。

 

ほら こうやってゴシゴシホリホリして〜

 

好きな場所でお昼寝するって ホント最高よね〜

 

 

さて 今日もお出かけする模様。

 

眠って寛いでる場合じゃないぞ〜。

 

「知らない間にお留守番」って事にならないように 

 

隊長に張り付くべし!

 

 

 <ハツ>

 

おんや〜? 最近にしては珍しい!!

 

ここから顔出しする時は 体調が良い証拠。

 

 

最近はパピ子も さすがに立ち乗りしなくなったから。

 

後ろで大人しく横になっている事が殆どだよね。

 

 

実家まで車で30分。

 

元来ドライブが大好きな仔だけど

 

18歳の車移動 毎日はさすがに負担なんじゃないかなぁ・・・って

 

ちょっと心配なんだよね。

 

なのに 婆さん・・・すごく勘が良いし 

 

出かける頃合いになるとキッチリ起きて来て

 

ウロウロソワソワ部屋の中を行ったり来たりする。

 

それがトイレ前の行動と似ていて 実はとても紛らわしいんだよなぁ(笑)

 

 

まぁ 実家でも良く眠っているし お留守番だってOKだし

 

連れて出かける事に不都合は無いと言えば無いけどさ〜。

 

ちょっと前までは畳の部屋にワンコが入る事を嫌がっていた父とも 

 

今では並んで昼寝もするし。(爆) 

 

 

ん〜・・・そうなんだよねぇ〜・・・

 

離れているのもまた心配だし やっぱり今日も連れて行こう。 

 

結局そうなってしまうかな。

 

 

ほんとにね つくづく

 

どんなに老いたって

 

「すごいっ! やるな〜!」って 

 

褒めて持ち上げると得意げな顔をするところは

 

昔とちっとも変わらなくて。

 

そりゃ〜 できなくなった事の方がダントツ多いんだけどね

 

ただね 

 

歩けるだけで 凄い!

 

御飯を完食するだけで 凄い!

 

グッスリ眠れるだけでも凄い!

 

尻尾をユルユル振っても 凄い!

 

生きてるだけで 凄い!

 

それだけで十分凄いんだと思ってさ。

 

普通の事が普通と済ませられなくなるのが お年寄りワンコだね。

 

 


新元号

3

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

「令和」 良いですね!

 

パピ子も令和元年に跨ぎたいね!

 

 

 

 


インテリア落第

5

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

「こんな部屋にしたい」 私にだってそういう夢はあった。

 

気に入って買った青いソファは元々5個組 実は云十万円の物だった。

 

それくらい気合入ってたとは 今にしてみればお笑い草だが

 

青いソファの映える白い壁の洋風の部屋で

 

あの空間にラグマットを敷いて ああしてこうして・・・

 

結婚当初の新生活に期待は大きかった(笑)

 

 

思いもかけず 家族にまる先輩が加わって ついでにパピ子が加わって 

 

わんこファーストの生活が始まると

 

ワン達の動線や居心地に重きが置かれ 人の都合は2の次

 

散策好きのワン達を鑑みて決めた新居に 

 

屋内でもなるべくストレスないように混乱しないようにと

 

ワン達にとって馴染みの物を 異動の度に後生大事に持回れば

 

「家の中ならいつでもどこでも出入り自由」という家風も相まって

 

当然 調度品・特にカーペット類は床サイズに合うはずもない。 

 

その場その時で追加穴埋めするもんだから 

 

結果 家の中全体がちぐはぐとバランス総崩れの状態が常となった。

 

 

青いソファも例外ではなく 当たり前のようにワンコの寛ぎ場所と化し

 

 

果てはパピ子のメインベッドとなってしまった。

 

ただ今回 目が見えなくなった事を機に危険なので処分しようと考えていたのだが

 

逆にこのソファ有きの方が パピ子には分かり易いのだという事に気づく。

 

足腰はまだそこそこ達者。

 

何しろ器用にここに辿り着いてはぐっすりと眠る。

 

本寝入りする時はココと決まっているのだろう。

 

 

段差の高低は自分の前身を使って測る。

 

立位姿勢で真っ直ぐに顎が乗る段差なら自力で大丈夫らしい。

 

また 見えていた時の何となくの記憶と距離感と 

 

足裏に伝わるだろう感触もヒントだ。

 

思わぬ恩恵が湧いた継ぎ接ぎだらけの床(笑)

 

 

それをパピ子は持てるもの全身で

 

「今 家の中のどの辺?」を自分なりに探っている。

 

時々 壁とこんにちはしてワンワン大声だしているが

 

わりかし自由に自力移動するので感心する。

 

素材も色も模様も厚さもバラバラの寄せ集めの床材も 

 

そんな理由で しばらくは統一も一新も見送りだ。 

 

パピ子にとってはわかり易い家ではあるけれど

 

まさしくインテリアは落第! 

 

継ぎ接ぎだらけの我が家。 

 

 

 

先月から 急にう○ちの粗相が増えてきたパピ子。

 

さすがに衰えは隠せない。

 

食べるフードによって違いはあるが

 

先日などは 一日にう○ち7回 その内の4回は家の中。床の上。

 

よそ見した一瞬にポツンと魔法のように落ちている(汗)

 

元々そういう事見越して選んできた安い床材だから

 

基本 惜しくもないし腹もたたんのだけど 

 

が しかし 戸外から戻ってすぐの粗相だったりすると

 

「え?何で?!たった今まで外におったとに!」とムカッとする時もあるものだ。

 

それをある友人に何気にこぼすと その友人が宣わった。 

 

「粗相するのも生きていてくれてるからと思えば なんのその!」

 

あら? なんか私の気持のどこかがピカっと光ったみたい。

 

ほんと そうだわ。そうだよ〜。

 

「もう高齢だから粗相も仕方ない」的思考だと一瞬わだかまりも湧くけれど

 

「粗相は生きていてくれているからこそ」って思うと 有り難くも思えるから不思議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


見えなくなっちゃったんだ

5

JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

 

パピ子はとうとう見えなくなりました。

 

微かに残った視力で頑張っていたけれど

 

先日の朝起きたら すっかり見えなくなってました。

 

本人もその状態についていけなかったのか

 

その日はどんなに散歩に誘っても全く動こうともせず

 

話しかけても反応は薄く ドロ〜っとした目で 

 

一日中ボンヤリしておりました。

 

そして時折頭をもたげては ソロリソロリと無表情に左右を伺うのみ。

 

これまでどんなに体の調子が悪くても必ず外に出たがった彼女が

 

自ら歩くのを拒み 食事もせず ジッとうずくまっているなんて。

 

相当の不安だろうと その日はすぐそこまでトイレ外出のみ

 

あとはそっとしておきました。

 

加速気味にまた次の段階に来た事に 私もちょっと気落ちしました。

 

ですが次の日 彼女は自分から起きてきて御飯を食べました。

 

私に導かれながらだったけど グダグダだったけど 

 

ちゃんと自分の力で歩いて外へトイレに行きました。

 

恐る恐るだけど 足取りにも表情にも上向きの意思がありました。

 

広い所なら まだまだ散策も自分の力で楽しめるんだもの。

 

 

あれから一週間。

 

確かに その体にはこれまで殆ど着ける事などなかったハーネスが

 

私の足首には鈴が付けられる事になったけれど

 

工夫すれば まだまだ大丈夫!

 

大丈夫!できる!

 

大丈夫!ちゃんと見守っている! 

 

大丈夫!これからも変わる事なく一緒にいる!

 

うん 一緒に頑張ろうでな!

 

ここまで来たら 目指せ!18歳だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

「3婆」紹介

 ━★まる★━                           H8・6月生まれ(享年16歳)  柴系雑種。            放浪を経て我が家へ。       従順で優しく穏やか・おとなしい  我が家の永遠の癒し。       H24・10・5に 空へ旅立つ。 せいいっぱい生きました。                       ━★パピ子★━                          H13・3月生まれ(18歳)   パピヨン。            ペットショップから他家を経て   我が家へ。            好奇心旺盛。我が家の元気印。   8歳で乳腺癌手術9歳で肺への転移 が認められ 余命宣告を受けるも  なぜか命の更新中!                          ━★ハツ★━                           肩書きは ぱぴまる隊隊長。    その実体は雑用係?       

ぱぴまる隊デジブック

あるこうよ!〜散歩の思い出〜                    元気印は我が家を救う〜パピ子〜                    約束〜まる〜          

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode